韓国のオーディションに日本人も参加できるの?K-POPアーティストになりたい!

2020年1月29日
韓国オーディションに日本人も参加できるのか
韓国アイドルとして日本人が活躍するための方法をご紹介。実は、日本にいながらでもK-POPアイドルを目指すことができるんです!おすすめのオーディション情報と共に、K-POPアイドルになる方法をお伝えします。
                       

K-POPアーティストの目指し方

 

現代のミュージックチャートには、当たり前と言ってもいいほどK-POPというジャンルが上位に入ってくるようになりました。

韓国らしい完璧なパフォーマンスと、独特なリズムに、ハマってしまう人が多いんです。

日本でも当然大ブームのK-POP。そんなK-POPアーティストになりたいという夢を持つ人も増えてきています。

 

そこで出てくる疑問が、「日本人もK-POPアーティストになれるのか」ということ。

K-POPをやりたいとなると、どこのオーディションを受けたらいいんでしょうか?

 

おすすめは日本の事務所

 

まずおすすめしたいのが、K-POPを扱っている日本の事務所

いきなり韓国のオーディションに挑戦するよりもハードルが低く、かつ本格的な活動をすることができるんです。

 

募集していたのはアイ&グレースという新人育成プロジェクト。

日本人だけで結成されたガールズグループSKY GIRLS‘が所属する、愛企画のオーディションです。

 

オーディション詳細

アイ&グレースオーディション情報詳細

 

応募資格

11歳~25歳の心身ともに健康な男女

 

開催地

アイ&グレース スタジオ(東京・汐留)

 

エントリー方法

公式ページより必要事項記入後、担当者より連絡

 

オーディションの流れ

応募→オーディション(自己PR・歌・ダンス)→合格者面接→プロジェクトスタート

 

 

合格者の特典がすごい!

 

こちらのオーディションをおすすめする理由は、合格者への待遇のすごさ

ただ事務所に所属するというだけでなく、様々な体験をしながらK-POPアーティストとして成長していけるんです。

 

・韓国の音楽関係者による講義

・K-POPダンス、歌、韓国語のレッスン

・K-POP練習生とのコラボ共演

・韓国芸能事務所のオーディション紹介&推薦

・韓国作曲家のオリジナル曲で作詞・レコーディング

・日韓で活躍中の現役プロデューサーによるプロデュース

・アジア最高レベルのトレーニングシステム(GKC)への参加

 

手厚い待遇を受けながら、韓国でのデビューを目指せるので、日本にいながら大きなチャンスを掴めるかもしれません。

 

韓国の事務所への応募も可

 

では、韓国の事務所に日本人が応募することは可能なんでしょうか。

結論は、「YES」。

韓国の事務所では、国籍関係なく新人アーティストを募集していることがほとんどなので、応募は可能です。

しかし、オーディションへの応募の段階から韓国語であることが多く、語学スキルが求められることも。

また、オーデイションが現地で行われる場合は、交通費や滞在費もかかることがあるので視野に入れておきましょう。

 

日本での開催も

 

大手事務所を含め、韓国の芸能事務所が日本でオーディションを開催することもあります。

めったにないチャンスですので、オーディション情報はこまめにチェックしておくようにしましょう。

 

また、大手であるSMエンターテインメントでは、毎月第3土曜日に日本でオーディションを行っています。

かなり競争率が高く、難易度の高いオーディションのようですが、挑戦してみるのもおすすめです!

 

合わせて読みたい

 

国際的な音楽ジャンルに

 

K-POPは、韓国人だけの音楽ではなくなってきているのが現状。

国籍関係なく、多くの人がK-POPというジャンルを目指す時代となっています。

 

その分競争率は高くなっていますが、日本人がK-POPアーティストとして活躍している例は少なくありません。

ぜひ夢を叶える一歩を踏み出してみてくださいね!

 

アイ&グレースオーディション情報詳細