K-POPアイドルになるには、まず何をしたらいいの?必要なものや流れを紹介します

2020年2月17日
K-POPアイドルになるためにすべきこと
K-POPアイドルになりたいと思っても、何をしていいかわからないという人のために、K-POPアイドルになるために必要なスキルや知識、K-POPアイドルへのなり方をご紹介いたします。いまさら聞けない初心者向けの情報もあるので、ぜひチェックしてください。
                       

K-POPアイドルを目指す

 

ここ数年、目を見張るほど人気が高まっているK-POPアイドル。

需要が高まるにつれて、K-POPアイドルになりたいと志す人も増えてきました。

 

では、K-POPアイドルになるにはいったい何が必要で、どうしたらいいのでしょうか。

右も左もわからないという方に向けて、K-POPアイドルを目指すために知っておいた方がいいことをお伝えしていきます。

 

K-POPアイドルに必要なこと

 

まず、K-POPアイドルになるために必要な条件やスキルをご紹介していきます。

 

韓国語

 

韓国で活躍したいのであれば、韓国語は必須のスキルです。

もちろんパフォーマンスの時は必要ですし、韓国でオーディションを受けるとなった時に、言葉が通じなくては自分の魅力を十分にアピールすることが難しくなってしまいます。

 

日本人にとって、韓国語は習得しやすい言語とされています。

日本語に近い発音のものもあったりするので、勉強して覚えていくとすごくおもしろいですよ!

 

K-POPの歌詞を聴いたり、韓国ドラマを見るなどして楽しく覚えるのもおすすめです。

とにかくK-POPアイドルを目指すと決めたら、すぐに勉強を始めるようにしましょう。

 

歌唱力

 

ボーカルとして勝負したいのであれば、歌唱力は必須です。

K-POPを聴いていてわかるとは思いますが、アイドルでも可愛らしいだけでなく、かなりレベルの高い歌唱力を兼ね備えています。

 

練習生などになればボーカルレッスンを受けることもできますが、それまでにボイストレーニングを受けていたという人も多いもの。

カラオケでは普通のマイクと聞こえ方が違うこともあるので、スタジオに入って自分の声を録音してみるなどしてみるといいかもしれません。

 

歌の審査では、感情を込めて歌うことも大切。

あまり歌がうまくなくても、歌い方が良ければ伸びしろを見てもらえる可能性もあるので、あきらめずに練習に励みましょう。

 

ダンス

 

グループにもよりますが、ダンスに力を入れているK-POPアイドルはとても多いもの。

特に韓国は実力社会で有名なので、デビューまでにかなりレベルの高いダンスを求められます。

 

これも練習生になればレッスンを受けることができますが、それにはまずオーディションの通過が必須。

オーディションの段階でかなりハイレベルなダンスを披露してくる人もいるので、負けないよう練習をしておきましょう。

 

好きなアイドルのダンスをコピーしてみるのが、最初はいいかもしれませんね。

 

ルックス

 

見た目がすべてではありませんが、ルックスはアイドルにはとても重要な要素です。

ここでいうルックスとは、顔つきやスタイルなど、総合的に見た姿。

顔は変えられないと思うかもしれませんが、少しむくみをとるだけで見違える人もいます。

ルックスを磨く術はいくらでもあるので、自分をよく観察し、伸ばしたい部分や変えたい部分を見つけることから始めてみてください。

 

また、過度なダイエットは必要ありませんが、自分が最もよく見える体型を維持することは重要です。

衣装を着た時のイメージがつくと、オーディションにも通りやすいですからね。

 

デビューしているアイドル達も、ダイエットや体型維持には苦労しているようなので、アイドルになる為の努力だと思って頑張りましょう…!

 

K-POPアイドルになるまでの道のり

 

必要なものがわかったところで、実際K-POPアイドルになるにはどういった手順を踏めば良いのでしょうか。

詳しくご紹介いたします。

 

事務所のオーディションを受ける

 

まずは、K-POPアイドルを募集している事務所のオーディションに合格することが必須条件です。

稀にスカウトをされることもありますが、スカウトされたからといって、オーディションを免除されるわけではありません。

 

事務所は大手から中小まで様々。

募集しているアイドルのジャンルや雰囲気も、事務所によって異なるため、自分がなりたいアイドル像に合った事務所に応募しましょう。

K-POPアイドルの募集は、多くが韓国在住を前提としていますが、日本に居ながらK-POPアイドルを目指せる日本の事務所もあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

合わせて読みたい

 

まずは練習生を目指す

 

K-POPアイドルのオーディションに合格したからといって、すぐにデビューできるわけではありません。

事務所に合格すると、まずは練習生としてレッスンを受ける期間が設けられます。

練習生期間を経て、これなら大丈夫とお墨付きをもらえた人だけがデビューできるというシビアな世界なんです。

 

練習生期間は、0日~10年以上と、人によってさまざま。

厳しいレッスンに、途中で挫折してしまう人もいるようです。

 

ある程度練習生としての期間を経るとなると、オーディションへの合格は早い方が良いと考えられます。

年齢を重ねるにつれて求められるレベルも上がっていく可能性があるので、若いうちにどんどん挑戦していきましょう。

 

あのG-DRAGONも11年!?

BIGBANGでかなりの人気を集めたG-DRAGONも、11年の練習生期間を経たんだそう。

どれほどレッスンを受けるかは人それぞれですが、それでもやり切るという強い気持ちのある人が、デビューに繋がるのかもしれませんね。

 

国内デビューを目指す方法も?

 

韓国でデビューするまでには、長い道のりが用意されています。

多くの事務所では、レッスンを韓国で行っているため、韓国に移住することも考えなければならないんです。

 

しかし、まずは日本でK-POPアイドルとしてデビューする方法も。

その道を作ってくれたのが、SKY GIRLS’

彼女たちは日本でデビューした後、ワーナーミュージックコリアからメジャーデビューを果たしています。

 

そんなSKY GIRL’Sたちを継ぐK-POPアーティストを募集する、新人育成プロジェクトが募集を開始しました。

メンバーが集まり次第締め切る可能性があるとのことなので、早めにチェックしてみてください。

 

SKY GIRLS’とは

日本初、日本人のみで結成されたK-POPガールズユニット。日本で活動しつつ、韓国にも活躍の場を広げ、2019年11月に遂にワーナーミュージックコリアからメジャーデビューを果たしました。今でも韓国で活動を続けている、人気グループです。

 

合わせて読みたい

 

まずはできることから

 

オーディションを受ける時点で、すべてを兼ね備えた完璧な存在である必要はありません。

しかし、韓国は実力主義。できればできるほど周りに差をつけることができます。

 

今できることから始めて、K-POPアイドルという夢へ一歩踏み出してみませんか?

 

合わせて読みたい