K-POPアイドルと年齢制限。何歳まで目指せるの…?

2020年1月28日
K-POPアイドルと年齢制限について
K-POPアイドルになるには、一体何歳まで目指すことができるんでしょうか。実は、韓国のオーディションは年齢に厳しいところが多いんです…。K-POPアイドルを目指したい方に向けて、実際の年齢制限についてご紹介していきます。
                       

アイドルオーディションに年齢制限はつきもの

 

K-POPに限らず、アイドルアーティストのオーディションには「年齢制限」があるものが多いんです。

いったい、何歳から何歳くらいまでのものが多いんでしょうか。

 

よくある年齢制限

 

年齢制限のあるオーディションでは、10歳~25歳あたりで区切っているところが多いよう。

厳しいところでは、20歳までとしているところもありました。

10代限定オーディションなんていうものも存在するので、20代になってくるとだんだんチャンスが狭まってくるのが現状です。

 

やはり、アイドルとなると旬な年齢というものが存在します。

いくら実力があっても、旬を過ぎてしまうとK-POPアイドルオーディションに合格することが難しくなってきてしまうんです。

 

年齢制限のないオーディションも

 

もちろん、年齢制限を設けていないオーディションもたくさんあります。

韓国大手事務所のSMエンターテインメントや、JYPエンターテインメントでも年齢不問のオーディションが行われているので、チェックしてみてくださいね!

 

受かりやすいとされている年齢を過ぎても、目指すことはできます。

実際に遅咲きのK-POPアーティストもいますので、年齢だけで諦めるのはもったいないです!

 

受かりやすい年齢は?

 

K-POPアイドルのオーディションでは、10代が受かりやすいとされています。

それは、これからのアイドル人生を長く期待できるから

 

アイドルという職業には、どうしても年齢がつきまといます。

いつまでもアイドルを名乗ることはできますが、多くの人は卒業をし、新たな道を歩んでいますよね。

 

デビューが遅くなると、その分活動期間が短くなる可能性が高いことから、伸びしろのある10代が多く合格者となるケースが多いようです。

 

韓国では練習生制度も

 

韓国の芸能事務所では、”練習生”として活動する期間が設けられている場合があります。

レッスンなどを受けながら、プロとして活躍するため、様々な活動を通じてアイドル力を上げていく期間とされているんです。

 

その期間を考慮すると、合格は早ければ早い方がいいですよね。

オーディションを受けるか悩んでいる人は、一刻も早く挑戦した方がいいと言えそうです。

 

まずは「行動」

 

年齢制限について書かせていただきましたが、気にしすぎてもいけません。

最も伝えたいのは、思い立ったらすぐに「行動」してほしいということ。

時期を逃せば逃すほど、合格する可能性がどんどん遠ざかっていくと思ってもいいほどです。

 

せっかく宿った夢を叶えるため、まずは一歩踏み出してみませんか?

 

オーディション詳細はこちら

11歳~25歳の男女を募集中

K-POPデビューできるチャンス!

オーディション詳細はこちら