K-POPオーディションを受ける前に準備すべきこととは?

2020年2月20日
K-POPオーディションを受ける際に準備するべきこと
K-POPオーディションを受けるのであれば、その前に準備しておくと良い項目が6つあります。これを準備するかしないかで、K-POPオーディションの良し悪しがだいぶ変わってくるので、しっかりとチェックしておきましょう!
                       

K-POPオーディションの事前準備

 

K-POPアイドルを目指すなら、絶対に避けては通れないのがオーディション。

オーディションを受ける人は、もちろん合格を目指してきているので、努力も欠かしてないでしょう。

その中で勝ち進むためには、しっかりと事前準備をすることが大切!

今回は、K-POPオーディションを受ける前に準備するべきことをご紹介していきます。

 

K-POPオーディションの前に準備するべきこと

チェックリスト

 

K-POPオーディションの事前準備で、特に大切な6つの項目をチェック!

 

①歌

 

K-POPアイドルは基本的に歌が上手い人が多いので、審査員は歌唱力を重要視する傾向にあります。

そのため、オーディションで歌う曲は、あなたの良い声が出る曲を選ぶと◎。

意外と、自分で聞いた声と他人が聞いたあなたの声は違うので、第三者に聞いてもらってから、良い声が出る曲を探すといいかもしれません!

 

また、オーディションでは審査員が興味を持ってくれると、即興で歌を求められることもあるのだそう。

そういったことも踏まえて、歌える曲は3曲くらい用意してると安心です。

 

②ダンス

 

ダンスは、K-POPにおいて絶対に欠かせないポイント。

そのため、歌以上に即興で求められることも多いんです。

ダンスはスキルが高ければ高いほど受かりやすい傾向にあるので、ダンスが未経験であれば早めに練習しておきましょう。

 

特にSM、YG、JYPなどの大手芸能事務所の場合は、練習生のオーディションではダンスが不可欠。

例え歌唱力がイマイチであったとしても、ダンススキルが高ければ受かることもあります。

早めに実力をつけておくことが大切です。

 

合わせて読みたい

 

③演技

演技は準備しておいて!

 

K-POPアイドルなのに、なんで演技力?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

これは実際に、大手事務所のオーディションでよく募集されている部門なんです。

アイドルになりたいけど、歌とダンスはちょっと自信がない…という人も、演技の実力があれば、オーディションに合格できるかもしれません。

 

少女時代のユナのように、アイドルから入っても女優業が成功し大活躍しているK-POPアイドルもいるので、演技も大事な事前準備の1つなんです。

 

合わせて読みたい

 

no related

 

④外見

 

K-POPアイドルは、男女ともに美しく美意識の高い集団。

そのため、日ごろから外見を磨いておくことは非常に大切だといわれています。

スタイルが良かったり見た目が美しかったりすれば、他の項目が多少劣っていてもアイドルとして合格することは可能なんです。

 

⑤表情管理

 

K-POP界でいう「表情管理」とは、主に愛嬌のことだと思っていいでしょう。

初めて聞く人もいるかもしれませんが、これはK-POP界において大事なこと。

K-POPアイドルたちは、グループのVライブなどでよく「○○さん愛嬌お願いします~」と言い合い、ファンに愛嬌を見せてくれます。

デビューしたときに自分をしっかりとアピールできるよう、愛嬌や表情管理ができる人は審査員から好印象なんです。

 

⑥韓国語

韓国語も必要なの?

 

K-POPアイドルを目指す以上、韓国語の勉強は必須。

本格的に韓国でオーディションを受ける場合は、韓国語が話せないと難しい場合が多いです。

初めからペラペラに話せなくても大丈夫ではありますが、逆に話せる人はかなり優遇されます。

最低でも日常会話と、オーディションで歌う曲は韓国語で歌えるようにしておいたほうが良いでしょう。

 

合わせて読みたい

 

事前準備で決まる

 

K-POPオーディションに合格したいのであれば、しっかりと準備をしておきましょう。

事前準備をするかしないかで、オーディションの良し悪しが分かれていきます。

準備を怠って後悔しないように、頑張ってくださいね!

 

合わせて読みたい