【K-POP用語集②】K-POPアイドルを目指すならこれは知っておくべき!

2020年1月30日
知っておきたいK-POP用語その2
K-POPアイドルになるには知っておくべき用語がたくさんあります。今回は少しレベルを上げて【用語集②】をご紹介したいと思います。K-POPアイドルを目指す上で知らずにはいられないので、これを機に勉強してみてくださいね!
                       

K-POPアイドルへの道

 

前回は【用語集①】で、K-POPアイドルを目指すなら絶対に押さえておきたい初級の用語を5つご紹介しました。

ですが、それで安心するのはちょっと待って!

K-POP界には、まだまだ知っておかなければならない用語がたくさんあるんです。

今回は【用語集②】ということで、引き続き5つのK-POP用語をご紹介します。

 

K-POPの基礎用語Vol.2

①V LIVE

V LIVEとは

 

K-POP好きなら、多くの人がこのマークを見たことがあるのではないでしょうか。

これは「V LIVE」といい、簡単に説明するとK-POPが中心のyoutubeのようなものです。

主な内容は下記の3つ。

 

・K-POPアイドルの生配信

・ミュージックビデオ配信

・V LIVEが作成する番組配信

 

K-POPアイドル以外にも、韓国のタレントやアーティストもやっています。

 

アーティストもやっているV LIVE

 

有名どころのK-POPアイドルはほとんどのグループがV LIVEをやっているので、要チェック!

 

②MAMA(ママ)

 

MAMAとは、「Mnet AsianMusicAwards」の頭文字を取っており、毎年年末あたりに行われる韓国音楽界の受賞式のこと。

数多くの有名なK-POPグループが参加し、アツくて最高なパフォーマンスを披露します。

日本でいうレコード大賞のようなものですかね!

人気どころのK-POPグループを1度に見ることができるので、K-POP好きにはたまらない音楽祭となっています。

 

韓国の音楽界では、年末にかけて数多くの歌謡祭や授賞式が行われますが、中でもMAMAは大変大きい授賞式で、このMAMAで賞を獲れるということは、チームとして大きな名誉になるんです。

ここ数年は、ほとんどの賞をBTSが独占する形になっていますが(笑)。

K-POPアイドルにとっては、MAMAは非常に重要なイベントなんです。

 

③ペンミ

 

これは知っている人も多いかと思いますが、ペンミーティングを略してペンミ。

前回ご紹介したように「ペン=ファン」なので、ペンミはファンミーティングということですね。

グループにもよりますが、K-POPのペンミは大体「パフォーマンス :MC=2:8」くらいです。

 

④ヌッパン

 

ヌッパンとは、「눕다(横になる)」+「방송(放送)」の頭文字を取った言葉で、横になりながら放送することをいいます。

 

SEVENTEENもヌッパン中

 

こんな感じ。(これはSEVENTEENのヌッパンの様子です)

K-POPアイドルは、よくパジャマを着てヌッパンをするので、ファンにはたまらないんですよね…♪

 

⑤モッパン

 

ヌッパンときたらモッパンも覚えておきたい用語。

モッパンとは「먹는 방송(モグヌン パンソン)」の略で、テレビ番組で何かを食べているシーンを意味します。

つまり「食べる放送」ということです。

 

モッパンってこういうこと!

 

K-POPアイドルがやるモッパンが、また最高に癒されるんですよね…!

みんなの私生活をそのまま見ているような感覚なので、見ているだけでファンは幸せな気持ちになるんです♪

 

まとめ

 

前回の基礎中の基礎用語と比べて、今回はいかがでしたか?

これらも絶対に覚えておきたいK-POP用語なので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

合わせて読みたい