韓国のオーディションに有利なメイクとは。やっぱり韓国風メイクなの?

2020年2月18日
韓国のオーディションにはどんなメイクがいいの?
韓国のオーディションを受ける際の、メイクの基本についてご紹介。韓国風メイクがいいのか、日本人らしいメイクがいいのか。ナチュラルメイクがいいのか、はたまたK-POPらしい濃いメイクがいいのか、正解はどっち…?
                       

韓国オーディションのメイク事情

 

オーディションに行く際、服装と同じくらいメイクに悩む人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。メイク次第で、その人の印象は大きく変わりますからね。

 

韓国だからオルチャンメイクにした方がいいのか、いつもどおりがいいのかなど、いろんな選択肢で悩んでしまうかと思います。

そこで、韓国のオーディションに行く際のメイクについてまとめてみました。

 

オーディションに適したメイク

 

韓国であるかどうかに関わらず、オーディションにはナチュラルメイクが基本です。

その理由は、審査員はあなたの素の部分を見たいというもの。

メイクで完璧に着飾った姿では、本来のあなたがどういう人なのかがわかりづらいんです。

 

いつも濃いメイクをしていたとしても、オーディション当日は薄いメイクを心がけましょう。

 

NGなのは?

  • つけまつげ
  • 派手なカラコン
  • 過度なアイメイク

特に目元は印象が変わりやすいので、ナチュラルに仕上げるのがおすすめ。

自分にはこれが似合うと思っていても、第三者目線で見るとまったく違うなんてこともあります。

 

審査員は人の可能性を見抜くプロなので、ありのままの自分を見て判断してもらいましょう。

 

コンプレックスは隠さない

 

自分ではコンプレックスだと思っていることも、審査員には魅力に映ることもあります。

例えば、ファンデーションで塗り固めた肌よりも、かわいらしいそばかす肌の方が審査員の目には留まるかもしれません。

 

メイクは様々なコンプレックスを隠すことができますが、同時にチャンスを逃がしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

 

事務所の雰囲気もチェック

 

芸能事務所には、それぞれ事務所が持つ雰囲気やコンセプトがあります。

その雰囲気に合った人の方が合格しやすい傾向にあるので、まずはオーディションを受ける事務所の雰囲気をしっかりチェックしましょう。

 

そのうえで、その雰囲気に合ったメイクを施すのは1つの手です。

ただし、基本のナチュラルメイクは忘れないように。

ナチュラルな中で、事務所らしさを出せるととても好印象ですよ!

 

自信を持つためのメイク

 

メイクは、自分に自信をプラスするためのツールです。

飾りすぎてはいけませんが、普段の自分より可愛く見せるために、最大限研究をしておくことはマイナスにはなりません。

 

少しメイクを変えるだけで、その人に抱く印象は大きく変わります。

普段から自分がかわいく見えるメイクを研究しておくといいですよ!

 

ありのままの自分をさらけ出す!

 

オーディションでは、自分のありのままの姿をさらけ出すことが大切。

メイクで隠そうとせず、ありのままの自分をアピールできるように準備していきましょう。

 

基本は「ナチュラル」。これだけ忘れずに、頑張ってきてください♪

 

合わせて読みたい