K-POPアイドルや練習生を目指す人の悩みとは【回答あり】

2020年6月5日
K-POPアイドルを目指す人の悩み
Twitterに寄せられた、K-POPアイドル(練習生)を目指している人たちからのお悩みをまとめました!回答も一緒に載せているので、他のみんながどんな悩みを抱いているのかチェックしてみてくださいね。
                       

みんなのお悩みを解決します

 

K-DREAMでは、Twitterにてみなさんから随時お悩み質問を募集しています。

今回はそこに寄せられたお悩みの中でも、いつも聞かれることが多い内容をピックアップしてご紹介しようと思います。

K-POPアイドルや練習生を目指している人たちがどんな悩みを抱えているのか、さっそく見ていきましょう!

 

K-POPアイドル(練習生)を目指すみんなの悩み

 

今回は特に多い7つの悩みをピックアップし、それに対してK-DREAMから回答させていただきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

① オーディションの際の曲について

悩み①

 

このような質問をよくいただきます。

自分の得意な曲が、自分が受ける事務所ではない別の事務所のアーティストのものであった場合、確かにどうしたらいいのだろうと悩みますよね。

絶対にとは言い切れませんが、K-DREAMからの回答としては「できるだけ受ける事務所の曲を選びましょう」です。

もし他の事務所の曲を選んだ場合、審査員に「うちの事務所に入りたいと思っているはずなのに、この子は所属アーティストも知らないのかな?」「うちの事務所で活躍するというイメージが湧かないな」などと思われかねません。

それに、単純に良いイメージを持ってもらえなくなる可能性もあるので、できるだけ受ける事務所の曲を使う方が安全かと思います。

 

② 親を説得したい

悩み②

 

親をどうやって説得したら良いのかわからないという悩みもとても多いです。

もちろん心配する親御さんの気持ちもすごくわかるので難しいところなのですが、やっぱり1番は”熱意”を伝えることが大切だと思います。

本気で夢を叶えたい、軽い気持ちでオーディションを受けたいわけじゃないということを伝えましょう。

そして、言葉だけではなく行動でも示す必要があります。

親御さんを納得させられるくらい歌やダンスの練習に打ち込んだり、ダイエットできれいになったりするなど、結果を見せられると良いかと思いますよ!

 

合わせて読みたい

 

③ 韓国語について

悩み③

 

韓国語は話せたほうが良いのか、どれくらい話せれば受かるのかなど、こういった悩みを抱いている人も多いです。

韓国語に関しては、もちろんできないよりできることに越したことはないです!

今回の悩みのように、自己紹介と簡単な会話程度ができているのであれば、個人的には十分かと思っています。

ただし、事務所によってはそこも重視する可能性もあるので断言はできませんが…。

韓国に渡ってのオーディションの場合はある程度の韓国語が求められますが、日本で行われているオーディションに関しては、そこまで気にする必要はないかと思います!

 

韓国語の勉強方法がわからない!という声もよく聞くので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

↓ ↓

合わせて読みたい

 

④ 体重について

悩み④

 

「この身長だと何キロが理想なの?」といった悩みをたくさんいただきます。

正直、この身長であればこの体重がベスト!という基準はないので難しいですが、K-POPアイドルを見てみると、169センチであれば平均的に47kg~50kgくらいかと思います。

 

短期間でのダイエット方法は様々ですが、韓国のアイドルたちがよく行っているのは「1週間で痩せるダイエットメニュー」というもの。

ダイエットというと長期間かけて行うイメージがありますが、K-POPアイドルは1週間でダイエットをする人が多いんです。

詳しくはこちらの記事にまとめていますので参考にしてください!

↓ ↓

合わせて読みたい

 

⑤ 異性の曲を選びたい

悩み⑤

 

特に女性の方が男性グループの歌やダンスを選びたいという質問が多いですが、個人的には全く問題ないと思っています!

むしろ、そういった女性も多いんですよ。

現在行われている「NiziProject」でも、男性グループのパフォーマンスをしている人もいます。

女性グループとは違い、男性グループならではの力強さやカッコよさを見せられれば、印象に残る可能性も高いのではないかと思います。

 

⑥ ダンスの練習方法

悩み⑥

 

独学でも合格できるのか、またダンス未経験の場合どのようにダンスの練習をしていいのかわからないといった悩みがとても多くきます。

筆者も当時は独学で練習しながら合格をしましたが、練習方法はまずダンスを踊るための体を作ることから始めました。

これは非常に大事で、利く体というものを整えないと、すべてのダンスに対応できないんです。

これに関してもこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

↓ ↓

合わせて読みたい

 

⑦ ラップの練習について

悩み⑦

 

ラップの練習方法がわからないという人も多いようです。

ラップに関しては、まず自分が目指したいアイドルのラップを真似することから始めてみましょう!

最初はできなくて当然なので、ビートに乗るだけでもOK!

また、ラップは口が回らなければできないので、滑舌の練習もかねて早口言葉の練習をするのも良いと思います。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

↓ ↓

合わせて読みたい

 

誰しもが悩みを抱いている

 

K-POPアイドルや練習生を目指している人たちは、みんな同じような悩みを持っているので、自分だけが悩んでいると思わずに、前向きに考えてみてください!

K-DREAMからの回答や記事を参考にしながら、これからも練習頑張ってくださいね。

Twitterでも随時募集してますので、どしどしお送りください。

 

 

合わせて読みたい