韓国のオーディション番組で歌われた曲を知っておこう!

2021年2月9日
韓国のオーディション番組で歌われた曲
韓国ではアイドルグループのメンバーを決めるためのオーディション番組がたくさん放送され、多くのアイドルが誕生しています。今回は、オーディション番組で使われた曲についてリサーチしました!
                       

韓国のオーディション番組には人気曲や有名曲が続々!

 

韓国では、サバイバルオーディション番組が大人気です。

これまで、新しいアイドルグループのメンバーを決めるためのサバイバルオーディション番組がたくさん放送されてきました。

デビュー前に、番組を通して、すでに大人気となるメンバーも数多くいますよね。

BIGBANGなど、レジェンド級のK-POPアイドルから、最近ではBig Hit エンターテインメントの「I-LAND」出身の「ENHYPEN」など、グループ名を挙げればキリがありません。

大人気のK-POPグループはどれもサバイバルオーディション番組出身だと言っても過言ではありませんね。

番組内では、練習生達がパフォーマンスをするシーンが多々見られます。

それぞれの所属事務所の先輩グループの曲が課題曲になったりすることも多い印象です。

では、オーディション番組ではどんな曲がこれまでに使われたのでしょう。

今回は、オーディション番組内の選曲をリサーチしました!

 

合わせて読みたい

 

SIXTEEN

 

「SIXTEEN」は、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントのサバイバルオーディション番組です。

練習生16人によるオーディションで、この番組で選ばれたのがあの「TWICE」です。

JYPエンターテインメントのサバイバルオーディション番組といえば、日本で大人気だった「Nizi Project」が思い浮かびますよね。

このSIXTEENは、「Nizi Project」よりサバイバル色が強かったと言われています。

練習生同士にプレッシャーを与える場面も多かったのです。

そして、「Nizi Project 」では名言が話題になったJYPエンターテインメント社長のJ.Y.Parkですが、この「SIXTEEN」では少々キツい言葉もありました。

では、この「SIXTEEN」ではどんな曲が使われたのでしょうか。

 

J.Y. Park 「어머님이 누구니(Who’s your mama?) (feat. Jessi)」

 

やはり事務所の社長であるJ.Y. Parkの曲は多く使われています。

この曲は最近でもJ.Y. Parkがテレビなどでもパフォーマンスしているので、知っている人も多いでしょう。

J.Y. Parkのキレキレのダンスが印象的な曲ですよね。

J.Y. Parkの曲は、他にも「Honey」も使われていました。

 

ビヨンセ「7/11」

 

この曲は、メンバー全員で踊った曲として知られています。

「7/11」はミュージックビデオが話題になりましたが、その賛否はともかく、ダンスが印象的な曲です。

この曲でカッコよく踊れると、リズム感の良さが際立ちますよね。

この曲の他にも、「SIXTEEN」では洋楽がたくさん使われています。

例えば、Mark Ronson ft. Bruno Marsの「Uptown Funk」や、Ariana Grandeの「Problem」、Lady Gagaの「Applause」などです。

 

2PM「Hands up」

 

JYPエンターテインメントの大先輩、2PMの曲も使われていました。

この「Hands up」は2PMの代表曲です。

アップテンポで楽しい曲なので、明るく元気なTWICENにはぴったりでしょう。

 

MIX&MATCH

 

「MIX&MATCH」YGエンターテイメントのサバイバルオーディション番組です。

練習生9人がデビューをかけてバトルを繰り広げました。

この番組から誕生したのが「iKON」です。

ライバル同士である9人ですが、オーディションが進むにつれ絆が強くなっていくのはグッときましたよね。

それでも、全員がデビューできるわけでもない、という切なさも実感した番組でした。

この「MIX&MATCH」で使われた曲はどんな曲なんでしょうか。

 

Bruno Mars 「Treasure」

 

Bruno Marsはやはり人気ですよね。

この他にも、The Black Eyed Peasの「Let’s Get It Started」やDemi Lovatoの「 Let It Go」など洋楽の選曲が多めでした。

iKONといえばヒップホップ色が強いので、洋楽からの選曲も納得です。

 

J.Y. Park「Honey」

 

YGエンターテイメントのサバイバルオーディション番組ですが、JYPエンターテインメントの社長であるJ.Y. Parkの曲も使っています。

 

YG宝石箱

 

こちらもYGエンターテイメントのサバイバルオーディション番組。

14歳から19歳までの、総勢29人の練習生が参加して行われました。

練習生の中には日本人もいたので、日本での注目度も高かった番組です。

この番組から誕生したのが「TREASURE」

「TREASURE」は2021年に日本デビューが決まり、今大注目のK-POPアイドルです。

では、「YG宝石箱」で使われた曲はどんな曲だったのでしょうか。

 

iKON「LOVE SCENARIO」

 

「YG宝石箱」では、YGエンターテイメントの先輩グループ「iKON」の曲が多く使用されています。

この「LOVE SCENARIO」は発売当時、韓国で大人気となった曲です。

覚えやすくて印象的なメロディーだからか、幼稚園児や小学生が口ずさみ、社会現象となっていました。

ヒップホップ色の強いiKONなので、子ども達に人気というのは意外な組み合わせですよね。

「YG宝石箱」内では、他にも「KILLING ME」「B-DAY」「MY TYPE」「DUMB & DUMBER」などのiKONの曲が使われています。

 

BLACKPINK「STAY」

 

YGエンターテイメントの先輩、BLACKPINKの曲も使われています。

BLACKPINKといえばカッコいいパフォーマンスが特徴ですが、この「STAY」はバラード曲。

かっこいい中にかわいさもある曲です。

この曲を男子が歌うというのは、新たな魅力を発見できそうで良いですよね。

 

Justin Bieber「Love Yourself」

 

YG宝石箱でももちろん洋楽は使われていました。

 

防弾少年団(BTS)「DNA」

 

世界中で大人気の防弾少年団(BTS)の曲も「YG宝石箱」では使われているんですよ。

「DNA」はダンスが印象的な曲です。

緩急のある動き、特徴的な振付があるので、ダンスのスキルをアピールするにはぴったりですね。

他事務所の曲では、Wanna Oneの「BOOMERANG」やEXOの「Growl」なども使用されていました。

 

BIGBANG「LAST DANCE」

 

「YG宝石箱」での最後のミッションでの曲として選ばれたのが、YGエンターテイメントの大先輩BIGBANG「LAST DANCE」です。

ボーカルメンバーの選考で使用されました。

「LAST DANCE」といえば、BIGBANGのメンバーが順番に入隊を控え、一旦活動を中止する前に発売した曲。

そういった背景もあり、切なく、じんわりと響く名曲です。

バラード曲のため歌唱力を問われる曲なので、オーディションにはぴったりですよね。

そして、「YG宝石箱」の最後のミッションで使われた、というのもぴったりな演出です。

 

合わせて読みたい

 

I-LAND

 

韓国の芸能事務所Big Hitエンターテインメントと、IZ*ONEやJO1を輩出したことで有名な「PRODUCE」シリーズのCJ ENMがタッグを組んたのが「I-LAND」です。

Big Hitエンターテインメントといえば、防弾少年団(BTS)の所属事務所をして知られていますよね。

この「I-LAND」から誕生したのが「ENHYPEN」です。

「ENHYPEN」は今大注目のグループ。

「I-LAND」は、14歳から22歳までの練習生23名が参加しました。

練習生たちが寝食を共にしながらサバイバルを繰り広げる建造物を、この番組のために建設したことでも有名です。

この建造物「I-LAND」が豪華すぎることでも話題になっていました。

さすがBig Hitエンターテインメント、と思わせるエピソードです。

そんな「I-LAND」で使用された曲はどんな曲なんでしょうか。

 

防弾少年団(BTS)「FIRE」

 

事務所の大先輩である防弾少年団(BTS)の曲は当然課題曲になっていました。

「FIRE」は防弾少年団(BTS)の有名曲ですが、キレキレのダンスが特徴ですよね。

全身の筋肉を使うような動きと、メンバー同士の動きがぴったりと合わなくてはならないので難易度の高い曲です。

これが課題曲とは、「I-LAND」のレベルの高さを実感します。

防弾少年団(BTS)の曲は、他にも「I NEED U」「DNA」「FAKE LOVE」などが使用されています。

 

SEVENTEEN「HIT」

 

「HIT」は小ミッションの課題曲として使われました。

アップテンポな曲なので、リズム感の良さなどをアピールできる曲ですね。

SEVENTEENの所属事務所Pledisエンターテインメントが2020年にBig Hitエンターテインメントに買収されたので、今は同じ事務所。

SEVENTEENメンバーも「I-LAND」に出演しています。

「HIT」の他に「Pretty U」も課題曲となっていました。

 

合わせて読みたい

 

韓国のオーディション番組で使われた曲は名曲揃い!

 

韓国のオーディション番組で使われた曲をリサーチしました。

それぞれの所属事務所の先輩の曲が多いのは当然のことですが、どれも名曲ばかり。

また、他事務所でも良い曲はどんどん使っていることがわかりました。

オーディション番組で使われるということは、自分の歌やダンスのスキルをアピールしたり、判断材料になる、ということですよね。

K-POPアイドルを目指す皆さんも、これらの曲を中心に練習すれば、スキルアップできること間違いなしです!