韓国の芸能事務所に入るには?具体的な方法をご紹介します

2020年5月26日
韓国の芸能事務所に入る方法をご紹介
韓国でK-POPデビューするために、韓国の芸能事務所への入り方をご紹介します。事務所に入るには、どういった方法があるのでしょうか。オーディション情報もあるので、ぜひチェックしてみてください。
                       

韓国でデビューしたい!

 

K-POPアイドル、アーティストを目指している方の多くが、韓国でのデビューを夢見ていると思います。

韓国でデビューをするとなると、韓国芸能事務所に入ることが王道ルート

では、韓国の芸能事務所に入るにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、そんな疑問を解決していきます!

 

韓国の事務所に入る方法

 

韓国の事務所に入る具体的な方法を、ご紹介していきます。

 

オーディションが大前提

 

韓国の芸能事務所に入る、最もポピュラーな方法が”オーディション”です。

芸能事務所の多くが、WEB上や対面でのオーディションを開催しています。

応募期間を設けてグランプリを決めるものから、定員を設けず随時募集するものまで、その形式は様々。

どんな形であれ、チャンスはあるので積極的に受けてみましょう。

 

稀にスカウトも

 

可能性はとても低いのですが、事務所からのスカウトが行われることもあります。

TWICEの日本人メンバーがスカウトだったという話は、すごく有名ですよね。

街角で声を掛けられたり、YouTubeなどの動画を見て声が掛かったりと、その手法も様々あるようです。

ただ、スカウトをされたとしても結局はオーディションを受けることが多いようなので、スカウトされたから有利、ということはあまりなさそうです。

 

日本の事務所に紹介してもらう

 

韓国の事務所に入る前に、日本の事務所で経験を積むという方法もあります。

特にアイ&グレースのオーディションに合格すれば、とても大きいチャンスが。

 

K-POPアーティストとして必要なスキルを学び、日本で様々な経験をした後に、韓国でのオーディションを紹介してもらえる可能性があるんです。

その道を辿ったのがSKY GIRL’S。彼女たちは日本人だけでK-POPガールズグループを組み、日本でデビューした後、韓国のワーナーミュージックコリアからメジャーデビューを果たしました。

 

彼女たちに続く世界的に活躍できる新人アーティストを募集しているようなので、ぜひこちらも検討してみてください。

 

 

 

オーディションに受かったら?

 

では、韓国の芸能事務所オーディションに合格したら、その後はどういった道を歩んでいくのでしょうか?

 

”練習生”としてデビュー準備

 

韓国の芸能事務所には「練習生」という制度があり、デビューに向けてのレッスンを受けることになります。

そのため、オーディションに受かったからといってすぐにデビューできるわけではないんです。

 

この練習生期間は、人によってさまざま。1年もない人もいれば、10年以上練習生としてレッスンに励んできたアーティストもいます。

練習生期間は、基本的には生活費やレッスン費は事務所持ち

寮生活することも多く、毎日みっちりとレッスンが行われます。

 

さらにオーディションを受けることも

 

練習生期間に、デビューを賭けてさらなるオーディションに挑戦することもあります。

日本でも人気の「PRODUCE 101」や「SIXTEEN」などのオーディション番組にも、各芸能事務所の練習生たちが出演していました。

1度事務所のオーディションに受かったからといって確実にデビューできるというわけではないんです。

 

オーディションに受かるためには

 

もちろん、オーディションには簡単に受かるわけではありません。

努力せずにK-POPアーティストになれる人はいないのです。

それなりの才能やルックス、スキルが必要となります。

 

ルックス

 

ここでいうルックスは、ただ顔が良いというだけではありません。

メイク映えスタイルなど、総合的に見てルックスが良いことが求められます。

 

ルックスに関しては、努力できることはたくさんあります。

ダイエット自分研究をして、自分のベストの状態を探りましょう。

 

また、女性がオーディションに参加する際はナチュラルメイクが基本

メイクですべてを隠すといった方法はお勧めしませんので、ナチュラルメイクでも可愛く見えるテクニックを見つけておきましょう。

 

歌・ダンス・ラップ

 

オーディションでは応募するジャンルによって歌・ダンス・ラップなどを披露することがほとんど。

そのため、自分が活躍したいジャンルのスキルを磨いておくことは、かなり重要なポイントです。

 

自己流での練習ももちろんOKですが、最初はレッスンに通うのもおすすめ。

それぞれの分野で、かなりレベルの高い人たちと戦う必要があるので、気合を入れて臨みましょう。

 

韓国語

 

韓国語を話せることは必須ではないものの、かなり推奨したいスキル

日本人で韓国語を話せるということは、オーディションでかなり有利に働きます。

 

完璧に話せなくても、日常会話ができるレベルでOK。

ぜひ今から始めてみてください。

 

合わせて読みたい

 

まずは事務所のオーディションを

 

とにもかくにも、芸能事務所に所属することが第一目標。

大手芸能事務所のオーディション情報はこちらにまとめてあるので、参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい

 

また、先ほどもご紹介しましたが、日本の事務所から韓国デビューを目指す方法もおすすめ。

オーディション内容などは、こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

 

合わせて読みたい