韓国語の勉強でモチベーションが続かないあなたへ!モチベーションを維持する7つの方法

2020年3月27日
韓国語のモチベーション維持方法
韓国語の勉強に対してモチベーションがなかなか維持できないという人のために、モチベーションを維持する7つの方法をご紹介。ハングルを上達したい人は必見です!
                       

韓国語の勉強は必須!

 

K-POPアーティストを目指すのであれば、韓国語勉強は必須

遅かれ早かれ、ある程度の実力は必要となります。

練習生になってから習得する人もいますが、オーディションの段階で韓国語を話せることは、かなり有利だといえます。

早いうちから勉強しておくことがプラスになるんです。

 

とはいえ語学の習得は簡単なものではありません。

相当な勉強が必要ですし、それにはかなりのモチベーションがなければなりません。

 

モチベーションが続かない…

 

韓国語の勉強をしている人の中には、モチベーションが続かないことに悩んでいる人がとても多いんです。

勉強にはモチベーションがとても大切。

では、どうしたらモチベーションを維持できるのでしょうか。

 

今まで受験や語学の勉強を数多く経験してきた筆者が、7つのモチベーション維持方法を提案させていただきます!

 

韓国語勉強のモチベーション維持方法

 

さっそく、7つのモチベーション維持方法をご紹介します。

難しいことは1つもないので、自分に合いそうな方法から試してみてください。

 

K-POPアイドルを見る

 

好きなもののためなら頑張れる、という人は多いもの。

好きなK-POPアイドルのためと思えば、自然と意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

 

既に好きなアイドルがいるのであれば、その人に会ったときのことを想像してみてください。

せっかく会えても、コミュニケーションがとれないともったいないですよね。

 

また、好きなアーティストの歌をカラオケで歌いたくなる人も多いはず。

しかし、それにはハングルを理解することが必要です。

そのために韓国語を勉強する、というのもいいかもしれません。

 

韓国ドラマにハマる

 

韓国ドラマは、韓国語の良い勉強材料になります。

セリフを聞いてたらいつの間にか覚えてしまうフレーズなどもあるので、ぜひ韓国語勉強中の人はチェックしてみてください。

 

また、韓国ドラマにハマると、字幕なしで見れるようになりたいな…という願望が生まれることも。

そこを目標にすることで、韓国語の勉強に身が入るのでおすすめです。

 

韓国ドラマにハマると、好きな俳優さんが出てきて、その人のために勉強をするという流れにもなりえます。

その人にファンレターを送ったりSNSにコメントしたりしていくうちに、韓国語が上達していくかもしれません。

 

韓国人の友人を作る

 

韓国人の友達がいるだけで、韓国語の上達度はグッと上がります。

日常的に使う機会があるということが、一番の勉強法になるんです。

 

日本語の話せる韓国人でも、あえて韓国語だけで会話してもらうようにすると、上達度アップ。

その人とコミュニケーションを円滑にとれることを目標に勉強を進めてみましょう。

 

友達の友達からつなげてもらうのがおすすめですが、それでも周りにいないという人もいますよね。

そういう場合は、SNS上だけでもOK

TwitterやInstagramで仲良くなれそうな人を探し、DMを送り合うだけでもすごく勉強になりますよ!

 

簡単なところから始める

 

勉強のモチベーションが下がることの原因の1つが、”成果が見えない”ということ。

勉強しても勉強しても上達しなければ、やる気がなくなるのも仕方がありません。

 

そうなる人の特徴として、いきなり難しいことから始めすぎていることが多いもの。

焦っても仕方がないので、まずは初歩の初歩から勉強を始めてみましょう

そうすると、少しずつ上達していくのがわかるので、モチベーションが維持されます。

 

テキストなどを使っている場合は、本屋で見つけた1番簡単なテキストを使ってみるのがおすすめ。

そういった基礎がしっかりしていると、ある時から習得スピードがグンと上がります

 

試験を予約する

 

何も目標がないまま勉強を続けても、モチベーションは維持されません。

明確な何かがないと、”続ける”ということはすごく難しいんです。

また、その目標には期限設定が必須。

「いつまでにここまで到達する」という目標がなければ、動けない人はとても多いんです。

 

韓国語には「韓国語能力試験」や「ハングル能力検定試験」というものがあります。

こうした試験を先に予約して、そのために勉強するという環境を作ってみましょう。

 

毎日の習慣にする

 

たまに勉強をするというスタンスでは、毎回嫌になってしまうもの。

そうではなく、毎日の勉強を習慣化することで、”嫌だ”という感情をなくすことができるんです。

 

習慣化するのは、勉強でなくても構いません。

K-POPを毎日3曲聴く/翻訳する」「韓国ドラマを2話見る」など、エンタメに絡めたことでもいいんです。

ただ毎日韓国語に触れる習慣をつけるだけで、習得度合いが変わってきます。

 

また、毎日触れる機会を作ることで、自然と勉強したいという意欲が湧いてくることも。

とにかく慣れることが大切なので、毎日何かしらの機会を作るように心がけましょう。

 

夢を意識する

 

K-POPアーティストになりたいという夢があるのであれば、その夢のために頑張れるはず。

努力できない夢は、本当の夢ではありません

 

歌やダンスを練習した方が、夢に近づいている気がするかもしれません。

しかし、韓国語はK-POPアーティストという夢に不可欠なものなんです。

日本人で韓国語を話せることは、オーディションでもかなり有利になります。

 

その意識をしっかり持って、勉強に励んでみてください。

スマホの待ち受けや、部屋のどこかに自分の夢を書いたものを掲げておくのがおすすめ。

ふと気を抜くとモチベーションが下がってしまうので、いつでも目に入るようにしておきましょう。

 

夢のために頑張る気持ち

 

結局は、自分の夢を叶えたいという気持ちが、モチベーションに繋がります。

今回紹介した方法は、その手助けとなるものの一部。

夢を叶えたいという強い気持ちがあれば、勉強にも身が入るはずです。

 

K-POPアーティストへの道は甘いものではありません

もう一度気合を入れ直して、勉強に励んてみてください。

あなたの夢が叶いますように

 

オーディション詳細へ

日本でK-POPオーディションが受けられる!

韓国でメジャーデビューのチャンスも!

オーディション詳細へ