歌がうまくなるとっても簡単な方法をご紹介!

2020年6月11日
歌がうまくなる方法って?
実は歌は簡単な方法をマスターするだけで、格段にうまくなるものなんです。ボイトレに行く前に、まずはこの方法を試してみてください。きっとすぐに試してみたくなるはずですよ!
                       

簡単に歌がうまくなる方法

 

歌のうまさは天性のものであると思っていませんか?

実は、少し意識を変えるだけで歌が確実にうまく聞こえるようになるんです。

 

技術的なことはボイトレに行くなどしてプロに教わるのが1番ですが、ここでは素人でも教えられるような方法をご紹介致します。

現に筆者はこれを意識するだけですごく褒められるようになったので、ぜひ試してみてください。

 

1つの歌を完全にマスターする

 

まずは、自分が歌いたいと思った歌を完全にマスターすることです。

 

何度も聞いて覚えた歌を歌うときと、うろ覚えの歌を歌うときでは、気持ちは全く違いますよね。

少しでも自信がない部分が来ると、声が弱まったり、うまく歌えなくなったりしてしまうんです。

そうならないよう、自分の十八番として持っておきたい歌は、必ず何度も聞いてマスターしておきましょう。

 

不安であれば、カラオケにある精密採点で歌ってみて音程を確認してみてください。

完全に合っていなくても、音程がある程度外れていなければOKです。

歌をうまく歌う大前提として、覚えておいてください。

 

歌詞の意味を理解する

 

曲がマスター出来たら、今度は歌詞をじっくりと読んでみましょう

歌詞の意味がわかると、歌い方にも変化が生まれてきます。

 

失恋を歌ったバラードなのに、力強い地声で歌っていては誰の心にも響きません。

歌詞の内容に合わせて、感情も入れ替えてみてください。

優しく切ない気持ちを込めると、歌に表情が生まれます。

 

あまり歌詞を見ずに曲を聴いているという人も多いと思いますが、自分が歌いたいと思う曲はしっかりと歌詞を読みこむようにしてみてください。

 

リズムを意識する

 

リズムは、歌を歌う上でかなり重要な項目。

どんなにうまくても歌がずれているだけで、クオリティは下がってしまいます。

 

リズムを取るのが苦手な人は、手で足をトントンと叩いたり、足で軽く地面を踏んだりして体の一部でリズムを取りながら歌ってみてください。

一定のリズムを意識するだけで、一気に歌いやすくなります。

 

また、1つの曲の中でもリズムは変わります。

アップテンポに歌う部分とスローでなめらかに歌う部分があったりするので、歌いたい曲を聴いて歌い分けてみてください。

 

腹式呼吸をする

 

これはボイトレに行くと必ず言われること。

歌うときにお腹から声を出せとよく言われますが、その基礎をつくるために必要なのが”腹式呼吸”です。

息を吸ったときにお腹が膨らみ、吐くと凹むという状態が腹式呼吸。

腹式呼吸がうまくできていないと、肩に力が入ってうまく歌えなくなってしまいます。

 

まずはリラックスして、腹式呼吸が自然にできるまで意識を向けてみましょう。

できるようになったら、歌うときにお腹に手を当て、腹式呼吸ができていることを確認しながら歌ってみます。

腹式呼吸で歌うと、声を出しやすくなるのが実感できると思います。

 

裏声をうまく使う

 

あまり歌が得意でない人の中には、音域の狭さを理由にしている人も。

しかし、高い声が出ないことはそこまで不利に働きません。

裏声をうまく使えるようになればいいんです。

 

無理して地声で高い音を出そうとすると、裏返ったり音が上がりきらなかったりしてしまいます。

裏声に抵抗がある人は多いものですが、裏声のほうがきれいに聞こえる部分もあるので、怖がらずにどんどん使っていきましょう。

 

裏声をうまく出すには、まずリラックスすること。

力が入っていると、のどが閉まってうまく声が出ないことがあります。

そして、頭のてっぺんから声が出るよう意識すること。

たった2つを意識しながら歌うだけで、裏声が今までよりきれいに出せるようになります。

 

あとは練習あるのみ!

 

とても些細なことを意識するだけで、歌は格段にうまく聞こえるようになります

 

これ以上うまくなりたい場合は、ボイストレーニングやレッスンに通うのがおすすめ。

自己流でもボイトレは可能ですが、間違った方法でトレーニングしてしまうと逆にのどを痛めてしまうこともあります。

 

アバロンミュージックスクールは無料体験レッスンを行っているのでぜひ一度利用してみてください。

 

歌の得手不得手はあるかもしれませんが、正しい歌い方をマスターするだけで、別人のようにうまくなる人もいます。

自分は歌が苦手だからとあきらめたりせずに、一度努力をしてみてください。

自分でも驚くほど上達してしまうかもしれませんよ。

 

↓2020年日本開催の韓国オーディション情報へ

合わせて読みたい