韓国アイドルと日本のアイドルの違いって?

2020年2月27日
韓国アイドルと日本アイドルの違いとは
韓国アイドルと日本アイドルは何が違うのか、気になるその差に注目して見ました。韓国アイドルに求められるものと、日本のアイドルに求められるものは、大きく違っていたんです。
                       

韓国のアイドルは特別?

 

韓国アイドルは、日本だけでなく世界中からの人気を集め、アイドルとしての新しいジャンルを確立しています。

では、なぜここまで韓国のアイドルが話題を呼んでいるのでしょうか。

 

韓国アイドルと日本のアイドルの違い

 

そこで、韓国アイドルと日本のアイドルは何が違うのかを分析してみました!

 

韓国アイドルは「完璧」を求められる

 

韓国のアイドルは、完璧主義であることが多く、少しのミスで大きなダメージを受けることがあります。

有名なオーディション番組でも、候補者が音程を少し外しただけで、ひどいバッシングを受けてしまうという場面がありました。

 

容姿、歌、ダンス、すべてにおいて完璧が求められるため、アイドルになるということはとても過酷な道のりなんです。

 

一方日本は…

 

その点、日本のアイドルには”親しみやすさ”や”個性”が求められているように感じます。

例えばアイドルグループだと、歌は得意だけどダンスは苦手、またはその逆といったキャラクターも愛されています。

 

容姿も必ずしも完璧である必要はなく、欠点があったとしても、そこが良いとされる文化も感じられます。

 

練習生制度

 

韓国アイドルとしてデビューするには、”練習生”というレッスン期間を経ることがほとんど。

オーディションに受かったとしても、ある程度の期間はレッスンを受け続け、デビューまでの準備をするんです。

 

ここでも、韓国アイドルに「完璧」が求められていることが感じられます。

 

練習生期間は人それぞれですが、10年以上の期間を経てデビューしたアイドルも珍しくありません。

徹底された環境で育て上げられ、満を持してデビューと言う形がとられているんです。

 

日本はデビューしてから育つ

 

日本には”練習生”という文化が根付いていないため、一定のレッスン期間が設けられることはあるものの、比較的すぐにデビューを経験します。

ステージに上がるなど、アイドルとしての活動を経る中で成長をしていくといったスタイルが一般的とされています。

 

特に日本のアイドルファンには、「自分が育てたい」と考える人も多いので、未熟なままデビューすることが戦略として大事なんです。

ファンと触れ合いながら成長していく姿に、心を打たれるようですね。

 

完璧な存在である韓国アイドル

 

韓国アイドルは、練習生期間を経て、完璧に仕上がった存在であることがわかりました。

完璧で美しい、憧れの存在として尊敬されているようですね。

 

ということは、目指すのもかなり難しいということも考えられます。

狭き門ではありますが、その分目指す価値はあるもの。

ぜひ夢を諦めず、一歩一歩着実に進んでいただきたいです。

 

合わせて読みたい