K-POPアイドルたちが通う学校【韓国芸能高校】とは?歴代卒業生もチェック!

2020年3月9日
K-POPアイドルが通う学校とは
名だたるK-POPアイドルを輩出している韓国の芸能学校。今回は、中でも有名な翰林演芸芸術高等学校とソウル公演芸術高等学校をご紹介!歴代卒業生も一緒にチェックしましょう♪
                       

K-POPアイドルを輩出する韓国芸能高校

 

韓国には、後に大スターとなるようなK-POPアイドルを輩出する、韓国芸能高校があります。

中でも特に有名なのが、翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校ソウル公演芸術高等学校

両校の卒業生には、今や知らない人はいないというほどの名だたるK-POPアイドルたちがいます。

今回は、この両校が一体どんな高校なのか、卒業生にはどんなアイドルがいるのかについて、詳しく見ていきましょう!

 

K-POPアイドルが通う韓国芸能高校

 

では、韓国にある有名な芸能高校を2つご紹介していきます。

 

①翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校

 

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校は、ソウルの南東部の新しいマンションが並んでいる一角に位置します。

おしゃれな色使いをした外観は、まるで美術館のよう。

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校は、法律で認められた高等学校ではなく、専門学校のような高校です。

 

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校には、芸能科舞踊科音楽科ミュージカル科映像制作科、そして韓国では唯一のファッションモデル科など、多くのコースが揃っています。

この高校には、歌手やアイドルを目指した若者たちが地方から集まり、デビューすることを夢見て授業に臨んでいるんです。

 

授業にあるダンスは、さすがK-POP!といわんばかりの、日本と比べてもレベルの高い授業になっているよう。

あのキレッキレのK-POPダンスは、こういった授業からも培われているみたいです。

さらに翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校は、あの人気ドラマ「ドリームハイ」のモデル校になったことでも有名なんです!

 

★住所

172 Chungmin-ro, Jangji-dong, Songpa-gu, Seoul

★電話番号

+82 2-409-1021

 

合わせて読みたい

 

ソウル公演芸術高等学校

 

ソウル公演芸術高等学校は、数多くのK-POPアイドルを輩出している有名校。

中でも、歌や演技などを学びたい若者が通う、ソウル南西部に位置する私立校です。

日本でいう、堀越学園のような学校ですね。

 

芸能人やアイドルを目指す特殊校なので、普通高校の試験と違い、各専門分野のテストや芸能活動での実績などで入学基準があるようです。

そんなソウル公演芸術高等学校には、実用音楽科実用ダンス科実用演劇科舞台美術科の4つの科があります。

 

そしてソウル公演芸術高等学校といえば、何といっても制服が有名!

普通の制服ではなく、ドラマの衣装のような可愛さがあると大人気なんです。

インパクトのある黄色が特徴的で、別名「からし高校」とも呼ばれるほど(笑)。

 

ソウル公演芸術高等学校の制服を着るBTSのジョングク

(写真:ソウル公演芸術高等学校の制服を着るBTSのジョングク

 

★住所

16−26 Ori-ro 22na-gil, Sugung-dong, Guro-gu, Seoul, 韓国

★電話番号

+82 2-3281-9760

 

韓国芸能高校を卒業したK-POPアイドル

 

では、翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校とソウル公演芸術高等学校を卒業した、有名なK-POPアイドルたちを見てみましょう!

 

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校を卒業したK-POPアイドル

 

①SHINeeのテミン

②WINNERのソン・ミンホ(MINO)

③BTOBのユク・ソンジェ

④GFRIEND のソウォン

⑤SEVENTEENのウジ

⑥ASTROのジンジン

⑦ASTROのチャ・ウヌ

⑧TWICEのダヒョン

⑨Red Velvetのイェリ

⑩TWICEのツウィ

 

合わせて読みたい

 

ソウル公演芸術高等学校を卒業したK-POPアイドル

 

①BTSのジョングク

②CNBLUEのイ・ジョンヒョン

③EXOのカイ

④EXOのセフン

⑤SEVENTEENのドギョム

⑥SEVENTEENのウォヌ

⑦SEVENTEENのエスクプス

⑧NCTのジェノ

⑨MOMORANDのヨヌ

⑩Red Velvetのスルギ

 

韓国芸能高校はK-POPアイドルの登竜門

 

名だたるK-POPアイドルたちが通う韓国芸能高校。

卒業生を見てみると、本当にスターを育成してくれる学校なんだということがわかりますよね。

もし韓国に行った際は、ぜひ近くまで行って、外観だけでも見てみてはいかがでしょうか!

 

合わせて読みたい