【Big Hitエンターテインメント】のグローバルオーディション2020の情報

2020年6月5日
BigHitエンターテインメントのグローバルオーディション情報
Big Hitエンターテインメントのグローバルオーディション2020の開催が決定!そこで今回は、グローバルオーディションの詳細情報をご紹介します。よくある質問もあわせてチェックしてみてくださいね!
                       

グローバルオーディションが開催

 

この度、人気事務所へと上り詰めたBig Hitエンターテインメントが、【グローバルオーディション2020】を開催することを発表。

これを心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、このグローバルオーディション2020の詳細情報についてご紹介していきます。

Big Hitエンターテインメントの練習生を目指している人は、ぜひチェックしてくださいね!

 

Big Hitエンターテインメント

今や世界的アーティストとなったBTS(防弾少年団)や、TOMORROW X TOGETHERが所属する事務所。
才能と情熱を持つ予備スターを探し育成中。

 

Big Hitグローバルオーディション2020

 

変わるこの世に君を見せて 今から、世の中を変える君の舞台が始まる 限界はないThis is your moment. 2020

 

Big Hitグローバルオーディション2020の詳細情報をご紹介します。

形態はオンラインのみの受付となっているので、注意してくださいね!

 

オーディション概要

 

■応募資格

2003年以降生まれの男性

 

■応募方法

オンラインのみ

「志願する」をクリック → 志願書作成および添付ファイル受付 → 完了

 

◆エントリーはこちらから。

(エントリーするにはメール認証が必要になるので、メールアドレスを準備しておきましょう)

 

■応募資料

歌手としてのポテンシャルを披露できる全てのコンテンツ(映像、写真)

 

■オーディションの進み方

受付 → 1次審査 → 2次審査 → 最終発表

 

■オーディション日程

グローバルオーディションの日程

 

日本、アメリカ、韓国、カナダ、オーストラリア、タイ、ニュージーランドなどで開催。

 

■合格通知

オーディション受付の際に記入した連絡先に、審査期間内に個別通知がきます

 

 

 

グローバルオーディションのよくある質問

 

グローバルオーディションに関するよくある質問をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

 

Q1 グローバルオーディションはどんなオーディション?

 

  • 世界中の人々を対象にした、2003年以降に生まれた男性なら誰でも志願できるオーディションです。

 

Q2 チームでも応募できるの?

 

  • チームでの応募も可能◎。
    その場合は、チームのリーダーが代表で応募すればOKです。
    ただし、合格の可否は全員合格ではなく個別合格として進められる場合もあるので要注意!

 

Q3 グローバルオーディションの応募回数に制限はある?

 

  • 全ての志願者は、チームおよび個人での志願を1回ずつ行うことができます。

 

Q4 提出した志願書は修正できる?

 

  • 1度提出したものは修正ができません。

 

オンラインオーディションも開催中

 

Big Hitエンターテインメントでは、常時オンラインオーディションも開催しています。

 

オーディション概要

 

■応募資格

2003年以降生まれの男性

 

■応募方法

Step 1・・・「エントリー」をクリック

Step 2・・・エントリーシートを作成、及び動画をアップロードして、添付ファイル送信

Step 3・・・エントリー完了

 

■応募部門

歌手・・・ダンス、歌、ラップの動画、または音源+正面、全身写真

俳優・・・自由演技+正面、全身写真

モデル・・・自己PR動画+正面、全身写真

 

■合格者発表

合格者のみ、応募から2週以内にエントリーシートに記載した連絡先に連絡がきます。

 

◆エントリーはこちらから。

 

◆日本で受けられるオーディションもおすすめ!

日本にいながらでも受けられる「アイ&グレース」の韓国オーディションもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

↓ ↓

合わせて読みたい

 

さっそく応募しよう

 

今日から応募開始のBig Hitグローバルオーディションにさっそく応募しちゃいましょう!

世界中からたくさんの応募者が募ること間違いないので、しっかりと準備をして万全の状態でエントリーしてみてくださいね。

 

合わせて読みたい