20歳越えもこんなに!?デビューした年齢が遅いアイドル特集!

2020年9月11日
20歳を越えてデビューしたアイドル特集
次世代の若いアイドルがたくさんデビューしているK-POP界ですが、若くないとデビューできないと思っていませんか?実はそんなことはありません!今回は20歳を超えてからデビューの夢を掴んだ5人をご紹介します。
                       

20歳を越えてもデビューはできる!

 

次世代の若いアイドルがどんどんデビューしているK-POP界。

多くの人は若くないとデビューできないと思っているかもしれませんが、実際はそんなことありません!

そこで今回は、20歳を超えてからデビューの夢を掴んだ5人をご紹介していきたいと思います。

年齢の壁を超えて夢を掴んだ彼らが何故デビューできたのか、一体どんな秘訣があるのか、5人のプロフィールと共にデビューまでの軌跡を調査しました。

 

ユン・ジソン(元Wanna One)

 

本名:ユン・ジソン(윤지성)

生年月日:1991年3月8日

血液型:B型

所属:LM ENTERTAINMENT

ポジション:ボーカル

 

Produce101からWanna Oneのメンバーとして27歳の時にデビューしたジソン。

Wanna Oneでは、メンバー達から選ばれてリーダーを務めていました。

約7年間練習生として事務所を転々としていたジソンは、デビューが決まりそうになるも話が無くなってしまうことが何度もあり、最後のチャンスと挑んだのがProduce101だったんです。

当時、番組内では上から二番目の年長でした。

若いメンバーに囲まれながらも夢を目指してひたむきに努力する一面と、誰からも愛される明るく面白いキャラクターのギャップに、思わず応援したくなった人も多かったことでしょう。

そんなジソンは、最高順位3位という好成績でデビューメンバーに選ばれました。

実力ももちろんですが、何よりも人柄でデビューを勝ち取ったともいわれています。

ジソンは現在兵役中のため、除隊後の活躍に期待です!

 

ジノ (PENTAGON)

 

本名:チョ・ジノ(조진호)

生年月日:1992年4月17日

血液型:A型

所属:CUBE Entertainment

ポジション:メインボーカル

 

PENTAGONのメンバーとして活躍し、現在兵役中のジノ。

元々SMの練習生で、現在SMからデビューしているメンバーと期間限定ユニットを組んでいるくらい有名な練習生でした。

なんと、EXOのメンバーに選ばれていた可能性もあったのだとか。

EXOのデビューを練習生として見届ける形になったジノは、事務所を移籍。

声をかけてくれたCUBEに所属し、練習生生活を再スタートします。

移籍してから約4年間再び練習生として経験を積んだのですが、SMを辞めてからの練習生生活は、辞めたくなる時もあるほど辛いものだったようです。

しかしジノはそこで諦めず自分を磨き続け、約8年間の練習生期間を経て、見事PENTAGONとして24歳でデビューしました。

PENTAGONでは、メインボーカルとして欠かせない存在ジノ。

メンバーから愛され可愛がられる、マンネのような最年長ですね!

 

アイリーン (Red Velvet)

 

本名:ぺ・ジュヒョン(배주현)

生年月日:1991年3月29日

血液型:A型

所属:SM Entertainment

ポジション:リーダー、メインラッパー、リードダンサー

 

Red Velvetのリーダーを務めるアイリーン。

SM練習生として高校卒業後から約5年間デビューに向けて練習し、23歳の時にデビューしました。

同じメンバーのジョイは、練習生時代のアイリーンさんを「こういうきれいな人がデビューするんだろうな」と思っていたというくらい、練習生時代から素晴らしい美貌の持ち主だったようです。

一見難なくデビューしていそうな彼女ですが、当時SMは女性グループをデビューさせる予定がなかったため、デビューできないのではないかという不安があったのだとか。

いつデビューできるか分からない、まして今後SMは女性グループをデビューさせないかもしれない、そんな中で夢に向かって努力するのは容易くありませんよね。

そこで諦めずに続けたからこそ、SMから女性グループとしてデビューすることができたのだと思います!

現在アイリーンは31歳ですが、素晴らしいその美貌は天使級。

年々美しくなるアイリーンに今後も注目です。

 

合わせて読みたい

 

合わせて読みたい

 

ショヌ (Monsta X)

 

本名:ソン・ヒョヌ(손현우)

生年月日:1992年6月18日

血液型:O型

所属:STARSHIP Entertainment

ポジション:リーダー、メインダンサー

 

Monsta Xのリーダーを務めるショヌ。

元々はJYPの練習生で、GOT7のメンバー候補としてデビューに向けて練習していました。

GOT7のメンバーもショヌ自身も共にデビューできると思っていた矢先、ショヌはデビューメンバーから外れてしまいます。

JYPを退社し、デビューの夢を叶えるために挑んだのが、STARSHIPが開催した「No.MERCY」というオーディション番組。

番組内でもトレーナーから注意を受ける姿も見られましたが、それでも持ち前のダンススキルとボーカルで、デビューメンバーに選出されました。

不器用ながらも愛らしさがあるショヌは、MonstaXのパパのよう。

ステージと普段のギャップがすごいMonsta Xを見たことがない人は、ぜひNO.MERCYから見てみてくださいね!

 

合わせて読みたい

 

ヒョジョン(OH MY GIRL)

 

本名:チェ・ヒョジョン(최효정)

生年月日:1994年7月28日

血液型:A型

所属:WMエンターテイメント

ポジション:リーダー、メインボーカル

 

最近人気急上昇中のOH MY GIRLのリーダー、ヒョジョン。

笑顔が素敵で、キャンディーリーダーという可愛らしいあだ名がついている愛されキャラです。

そんな彼女は、16歳から23歳までの約7年間、合唱団に所属していました。

とにかくステージに立ち歌うことが大好きで、独唱や合唱などの大会に幼い頃から何度も出場していたようです。

アルバイトをしながらオーディションを受けていた彼女は、2014年に今の事務所のオーディションに合格。

上で紹介した4人とは違い、練習期間は7ヶ月と短いヒョジョンですが、好きな歌を追求しオーディションを受け続ける姿はかっこいいですね。

リーダーとしてメンバーから絶大な信頼を寄せられているヒョジョンは、リーダーシップがあり頼もしい最年長です。

 

合わせて読みたい

 

20歳を過ぎても諦めないで

 

練習生期間が長く苦労していたアイドルもたくさんいますが、共通するのはデビューに向かって努力を惜しまなかったということ。

デビューの夢を諦めずひたむきに練習を積んだことで、夢を掴めたのでしょう。

また何より、愛される人柄も大事なポイント。

メンバーから愛され可愛がられる年長者の彼らは、メンバーに限らずファンからも信頼をおかれています。

そんな彼らだからこそ、トップアイドルに登り詰めることができたのはないでしょうか。

アイドルになりたいという強い気持ちを忘れなければ、きっと彼らのようにチャンスは巡ってくるはずですよ!

 

合わせて読みたい