ダンス未経験でもK-POPアイドルを目指す方法!

2020年6月5日
ダンス未経験でもK-POPアイドルを目指す方法
K-POPと聞いて浮かぶのは、あの一糸乱れぬダンス。K-POPアイドルを目指すにはダンスは欠かせない項目となっています。そこで今回は、ダンス未経験でもアイドルを目指す方法をご紹介。これは要チェックですよ!
                       

K-POPといえばダンス!

 

K-POPアイドルと聞いて浮かぶのは、やっぱりダンスです。

人気アイドルグループのBTSやTWICE、SEVENTEENなどを見てもわかるように、グループとしてはもちろん、個人のダンススキルが高いですよね!

日本のアイドルとは少し違い、K-POPは”一糸乱れぬダンス”が特徴なんです。

では、K-POPアイドルになるにはダンスができないとダメなのでしょうか…?

 

今回は、ダンス未経験でもK-POPアイドルを目指す方法をご紹介していきます。

 

K-POPアイドルはダンススキルが必要

 

K-POPアイドルになるにはダンスができないとダメ?

 

こんな不安を抱いている人も多いはず。

これに関して、答えは「Yes」です。

今後の伸びしろも大いに重要ですが、ある程度ダンスのスキルがないとオーディションに合格するのは難しいと思った方がいいでしょう。

 

もちろん、全くのダンス未経験でも受かる可能性はないとはいえません。

しかしそれで合格するには、よっぽど歌唱力やルックスに長けていないと厳しいもの。

 

そこでおすすめしたいのが、「アイ&グレース」というK-POPアイドルを目指す新人育成機関なんです!

韓国人プロデューサーと韓国人トレーナーによる、国内最高レベルの指導を受けることができます。

 

アイ&グレース

 

日本にいながらでも、K-POPアイドルを目指すことができる新人育成機関が「アイ&グレース」。

インストラクターが基礎からプロレベルになるまでみっちり指導してくれるので、ダンス未経験でもOK!

レッスンを受けながら、しっかりとK-POPアイドルを目指すことができます。

 

★カリキュラムが充実

 

アイ&グレースでは、ダンスだけでなく、K-POPアイドルに必要な歌唱韓国語までも学ぶことができるんです。

 

能力別に、スタンダードコースからプロデビューコースまでレベル編成あり

日韓の音楽業界の理解を深めるK-POPの現状を、専門家から学ぶ

本場のK-POPダンス&歌唱を学ぶ

初級から日常会話までの韓国語を学ぶ

有名K-POPアーティストから学ぶ

 

★アイ&グレースの特徴

 

アイ&グレースには、いくつかの素晴らしい特徴があります。

 

◆K-POPイベントのサポート活動に参加

◆K-POP練習生とのコラボ共演(予定)

◆韓国芸能事務所のオーディション紹介&推薦

◆韓国の作曲家のオリジナル曲でレコーディング制作に参加

◆アジア最高レベルのK-POPトレーニング教育システム(GKC)に参加

 

合わせて読みたい

 

練習生になってダンススキルをアップ!

 

韓国で芸能活動するためには、まずオーディションを受けて受からなくてはいけません。

アイドルになるためには、大きく分けて”3つのステップ”があります。

 

練習生オーディションに合格

練習生としてスキルアップ

経験を積んでデビュー!

 

一般で受ける人だけでなく、スカウトされた人でもほとんどの場合が練習生オーディションを受けることになります。

そして、練習生の中でも合格できる人とできない人との違いは何かというと

 

ラップ

ダンス

 

この3つの力が非常に大事になってきます。

今や世界的アーティストのBTS(防弾少年団)最年長メンバー”JIN”も元々ダンスが苦手でしたが、厳しい練習生期間を経て、今では他のメンバーと同じように難しいダンスを踊れるようになっています。

 

まずは土台を作ることから!

 

ある程度ダンスに自信がある人は大丈夫ですが、未経験の場合は基本の体つくりから始めることが重要!

上手く踊るには、”利く体”というものをつくらなければ上達しません。

 

”利く体”とは?

自分の思い通りに動かせる体」にするということ。

利く体が作れれば、可動域が広がりダンスの見せ方の幅が広くなります。

 

ダンスは練習あるのみ!

 

ダンスが苦手だから諦める…なんていう考えはNG。

ダンスは、練習すればするほど上達するものです。

世界で活躍しているK-POPアイドルの中にも、最初は踊れなくてもがいていた人もたくさんいます。

本気でK-POPアイドルになりたいと考えている人は、死に物狂いでダンス練習に励んでみてくださいね!

 

合わせて読みたい