グループを解散してソロで活躍しているアイドルって?

2020年11月20日
グループを解散してソロで活躍するアイドル
解散や脱退するメンバーが出てくるグループの多い韓国では、グループ解散後もソロアイドルとして活躍しているアイドルが多数存在します。そこで今回は、グループ出身の最もHOTなソロアイドル7人をご紹介!
                       

グループからソロになる人は多い

 

皆さんはソロアイドルというとどんな人が思い浮かびますか?

無数のアイドルが存在し流行の入れ替わりが激しいK-POP界では、活動期間は長くても一般的な契約期間である7年、それ以上長くグループ活動を続けることができるグループはほんの一握りです。

なので、解散後のキャリアとして、ソロアイドルとして活動する人が少なくありません。

意外とソロで活躍しているイメージが強い人はアイドルグループ出身だということが多いんですよ。

そこで今回はグループが解散した後、ソロ活動で活躍しているHOTなアイドルにはどんな人がいるのか、7人をご紹介していきたいと思います。

 

グループを解散してソロで活躍しているアイドル

 

ではさっそく、グループを解散してソロで活躍しているアイドルたちを7人ご紹介していきます。

 

WOODZ(チョ・スンヨン)(UNIQ,X1出身)

 

まず1人目はWOODZことチョ・スンヨンです。

彼は、元々UNIQとして活動していましたが、2017年に限韓令の影響でグループ活動が困難になり活動中止となった後、若干のソロ活動を経て、PRODUCE X 101に出演した際に圧倒的な存在感を発揮し、見事X1としてデビューを果たしました。

しかし、PRODUCE X101番組プロデューサーの不正発覚により再びX1としてのグループ活動も困難になり、解散後WOODZとして再ソロデビューをすることに。

これまでたくさんの困難を経験してきた彼は、ファンとの関わりをとても大切にしており、SNSでファンに返信をしたり、インスタライブを頻繁に行うなど積極的にコミュニケーションをとっています。

また、なんといってもWOODZの魅力は歌、ダンス、ラップ、作曲作詞、英語、中国語、ポルトガル語まで何でもできてしまうオールラウンダーというところです。

更には、芸術的センスもあり、私服ファッションはもちろんSNSの投稿でさえ、他のアイドルとは違ったおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

そんな彼の発売するアルバムは、どれもパッケージがおしゃれなので是非一度チェックしてみてください。

 

キム・ウソク(UP10TION, X1出身)

 

2人目はカリスマ溢れるキムウソク。

2015年にUP 10TIONとしてデビューした彼は、ウシンという芸名で活動していましたが、2017年精神的ストレスのため休養することになります。

その後復帰し、PRODUCE X 101に出演することになり見事X1としてデビューを果たしますが、彼もまた番組プロデューサーの不正発覚によりX1としての活動終了を余儀なくされてしまいました。

そしてグループ解散後、2020年にソロデビューアルバムを発売し、ソロアイドルとして一歩を踏み出したところです。

また、彼は現在韓国化粧品ブランドのCLIOブランド史上初となる男性モデルに起用されたり、PLAY LISTのウェブドラマ「Twenty Twenty」で主演を務めるなど、様々な分野で幅広く活躍しています。

 

合わせて読みたい

 

カン・ダニエル(WANNA ONE出身)

 

3人目は大型犬のような愛くるしい笑顔が魅力的なカンダニエルです。

彼は、PRODUCE 101Season2で国民的センターとして韓国国内では社会旋風を巻き起こすほど有名になり、一躍スターに。

堂々の1位でWANNA ONEのセンターとしてデビューを果たしました。

解散後にはソロデビューを果たし、メロンミュージックアワードではミュージックビデオ部門で受賞、歌手活動以外ではカカオフレンズのアピーチとコラボするなど精力的に活動しています。

また、彼は昨年夏にTWICEのジヒョと熱愛を認めたことで話題になりましたよね。

グループ解散後でも公私ともに充実しているようです。

 

キム・ジェファン(WANNA ONE出身)

 

4人目は鳥肌が立つほどの圧倒的な歌唱力を誇るキム・ジェファンです。

彼もまた、PRODUCE101 Season2からデビューしたWANNA ONE出身のソロアイドルとして活躍しています。

안녕하세요(こんにちは)でソロデビューを果たしてから、最近では韓国ドラマのOSTへの参加が活発化し、今や韓国ドラマに彼の切なくもパワフルな歌声は欠かせません。

最近日本で流行した愛の不時着のOSTにも参加していましたよね。

一度聴くと思わず惚れ惚れと聴き入ってしまうほどの歌唱力です。

更に今年4月には日本公式ファンクラブもオープンしたので、現在は日本に来れないですが、今の状況が落ち着いたら日本での単独ライブやファンミーティングの開催も期待できそうですよね。

 

ヒョナ(Wonder Girls,4minute出身)

 

5人目はセクシーすぎるプロポーションで男女共に人気のヒョナです。

彼女といえば江南スタイルのミュージックビデオに出演した事で日本でも認知度が上がりましたよね。

ソロもしくは4minute出身のイメージが強いかと思いますが、実は最初はWonder Girlsのメンバーだったんですよ。

一時はWonder Girlsとしてデビューをしていたのですが、健康上の問題で脱退し、その後4minuteとして再デビューしていたのです。

また、2017年はPENTAGONのフイ、イドンの二人とTriple Hとしても活動をしていたのですが、2018年イドンとの熱愛が報じられ、一時は事務所を通し熱愛を否定したものの、翌日ヒョナは一転して自身のSNSで熱愛を認めました。

それからというもの、彼氏のイドンと公開恋愛を楽しみながら、現在は様々なアイドルとコラボをしながらソロアイドルとして活躍しています。

 

合わせて読みたい

 

ソンミ(Wonder Girls出身)

 

6人目はソンミです。

中毒性のあるインパクトの強い曲を多く発売し、カシナで一躍話題になったソンミはソロのイメージが強いですが、実は2017年に解散が発表されたJYPエンターテイメントのWonder girls出身なんですよ。

現在は、所属事務所を移し、MAKEUSエンターテイメントで活動をしています。

また、身長166cmで脚の長さはなんと110cm、体重は43kgとスタイル抜群で、誰もが憧れるような完璧な美貌を兼ね備えているソンミはソロ歌手としてだけでなく、ファッションブランドの広告モデルとしてもよく起用されているんです。

彼女のメイクやファッションは真似したくなるようなセクシーガールクラッシュな個性的なものが多く、かっこいい女性に憧れている人はステージでの衣装やメイクは必見ですね。

 

チョンハ(IOI出身)

 

最後は、重量感のあるカリスマ溢れるダンスと圧倒的歌唱力を誇るチョンハです。

元々彼女はJYPエンターテイメントに所属していたのですが、その後MNHエンターテイメントに移籍し、PRODUCE101に出演することになります。

彼女はPRODUCE101に出演していた時から、最初のレベルテストでA判定を獲得するなど、ずば抜けた歌の実力の持ち主として有名でした。

更に、最終投票でも4位という素晴らしい記録でデビューを勝ち取ります。

現在はその歌唱力とパワフルなダンスで、毎回発売する曲はヒットし音楽番組では、ソロでは難しい1位をよく獲得するように。

それだけでなく、最近では韓国ドラマのOSTにも参加したり、ソロアイドルとして大活躍をしています。

 

ソロアーティスト成功の秘訣とは?

 

これまでグループを解散してからソロで活躍しているアイドルを紹介してきましたが、全ての人に共通するのは何か、それはずば抜けた強みや個性があるということです。

グループでは協調性が重要視されますが、ソロではずっと一人だけに目が行くのでインパクトがなければ人々の記憶に残りません。

これまで紹介してきたソロアイドルはカリスマ性や、歌唱力、ダンス能力などにおいて特に秀でた人たちでした。

芸は身を助けるといいますが、グループでもソロでもどんな状況においても何か強みを見つけ、磨いていくことが成功の秘訣なのかもしれません。

 

オーディション詳細はこちら

日本でもK-POPオーディションが受けられる!

11歳~25歳までの男女は参加無料!

オーディション詳細はこちら