みんなやってるって本当?K-POPアイドルの整形についてご紹介します

2020年8月31日
K-POPアイドルの整形事情について
整形大国として有名な韓国ですが、どれくらい整形が身近なものなのかご存じですか?そこで今回は、 整形に成功したパターン、失敗したパターンの両方を含め、K-POPアイドルの整形事情を紹介していきます。
                       

韓国は整形大国

 

韓国といえば「整形大国」といわれるくらい、整形がメジャーな国で有名ですよね。

そのため、K-POPアイドルの中にも整形している方がとても多いんです。

そこで今回は、K-POPアイドルの整形事情についてご紹介していきたいと思います。

日本ではまだ、整形にあまり良くないイメージを持っている人も多いかと思いますが、そんなイメージも変わるかもしれませんよ。

 

整形しているK-POPアイドル

 

ではさっそく、整形をしているK-POPアイドルを何人かご紹介していきます。

 

TWICE ナヨン

 

デビュー当時は、どちらかというと一重よりの奥二重で、目元が重い印象だったナヨン。

それが、今ではくっきりとした二重になっていることから、目元を整形している可能性が高いといわれています。

二重はくっきりしていますが、とても自然なので整形していても気づかないくらいですね。

 

TWICE ミナ

 

ミナは元々ナチュラルな二重でしたが、最近は二重がまぶたにくっきりと食い込んでいてぱっちり二重になっています。

そのため、二重を濃くするために整形した可能性が高いです。

このように一重から二重にするだけでなく、二重を濃くするなどの整形も、韓国では流行っているのだとか。

 

合わせて読みたい

 

ク・ハラ

 

ハラは眼瞼下垂手術をしており、そのことをインスタグラムでも公表していることで有名です。

眼瞼下垂とは、まぶたがうまく開ききらず、腫れぼったい目元のことをいいます。

これは、顔の構造上生まれ持った先天性、まぶたを持ち上げる筋力が弱ることで引き起こす後天性、または障害などの主に3タイプがあります。

ハラの場合は先天性眼瞼下垂ですが、手術をした結果、ぱっちりとした目元を手に入れていますね。

 

Apink ナウン

 

デビュー当時は少し鼻が低くくコンプレックだったため、ナウンは鼻を高くする整形をしたといわれています。

大幅に高さを変えた様子はありませんが、鼻が少し高くなっており、以前よりも大人っぽい印象です。

しかし一部のファンからは、鼻が低い方が可愛くて好きだった、整形しない方が良かったなどの声もあるのだとか。

ナウンは整形する前、整形後もどちらも素敵ですが、よく考えて手術することが大切ですね。

 

2NE1 パク・ボム

 

彼女は元々ナチュラルな顔立ちをしていましたが、デビューしてすぐの2006年頃から整形を始めます。

目を大きくする、輪郭をシャープに整える手術など、さまざまな手術をしているといわれているんです。

しかし整形手術をしすぎた結果、後遺症であごの骨格が歪んでいるのだそうで…。

美しいですが、少し不自然だと感じる方も多いようです。

整形は素晴らしい文化ですが、依存してしまうリスクがあるので、冷静に考え客観的なアドバイスをしてくれる人がいると安心かもしれません。

 

少女時代 テヨン

 

少女時代でメインボーカルを担当するテヨン。

彼女は、デビュー前とかなり顔立ちが変わっていることから、複数回整形をしていると思われます。

まずは目元を一重から二重に、さらに鼻頭の形が変わっていることから、鼻を高くする整形もした可能性が高いです。

横顔を見ると分かりやすいので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

多少の不自然さを感じる人もいるようですが、デビュー前に比べてとても美しくなっています。

 

合わせて読みたい

 

ト・ジェフ

 

彼女は一般人元々一般人で、SNSのネットからアイドルになりました。

とても美しい方なのでスカウトされるのも分かりますよね。

元から整った顔立ちをしているので、特に整形する必要はないくらいなのですが、事務所から整形するよう指示されてしたといわれています。

現在は、「可愛い」から「きれい」にシフトチェンジした容姿。

しかし、目が少し大きくなりすぎたことや、鼻の形を整えすぎたことで少し不自然になっています。

韓国では、ト・フェジの悲劇と言われているくらい、整形の失敗を指摘されているんだそう。

 

ZE:A  ファン・グァンヒ

 

彼は、おでこ目元鼻筋の三箇所を整形したことをテレビでカミングアウトしています。

以前の写真と見比べると変化が感じられないかもしれませんが、鼻筋を見ると分かりやすいですよ。

現在の写真を見ると、だいぶシャープな鼻筋になっています。

彼は整形することでさらに人気がでて、自分に自信が持てるようになったのだとか。

コンプレックスを自分の強みに変えられるのは、整形の魅力の1つですよね。

 

SS501 キム・ヒョンジュン

 

彼は、韓国版「花より男子」で花沢類役を務めたことで有名です。

ヒョンジュンは幼い頃に鼻を骨折し、治療のために整形したことをテレビでカミングアウトしています。

骨折がきっかけでの整形なので、他のアイドルの方とは少し違う理由ですが、整形しているようには見えないですよね。

このように、コンプレックスという理由の他にも、治療として整形する場合があります。

怪我によっては骨格が変形したり、傷が残ったりすることがあるので、それらを治すためにも整形はなくてはならないもののようです。

 

SUPERJUNIOR キュヒョン

 

可愛らしい顔立ちが女性ファンに大人気のキュヒョン。

デビュー前の顔立ちとかなり違うように見えます。

彼はまぶたを整形することで、ぱっちりとした目元を手に入れたそう。

まぶたが垂れ下がっていると、目が小さく見えたり目つきが悪く見えたりすることがあるので、まぶたの余分な部分を切開することで目元の印象が変わるんです。

彼自身も整形をしていることを公言しており、整形=隠すものという時代は終わりつつあるのかもしれません。

 

AFTERSCHOOL ナナ

 

以前は一重でまぶたが重い印象だったナナ。

二重まぶたに整形し、今ではぱっちりとした目元を手に入れています。

他のパーツは特に整形していない様子ですが、やはり一箇所でも整形すると一気に華やかな印象になりますよね。

 

整形はメジャーになりつつある

 

K-POPアイドルの整形事情はいかがだったでしょうか?

たくさんのアイドルが整形しているうえに、とてもナチュラルで整形しているようには見えない人が多いです。

ただ、メイクやスキンケアの一種として整形をしている人も多いですが、一度整形をすると以前の状態に戻すことが難しいので、迷っている方はよく考えて決めましょう!

 

合わせて読みたい