韓国の練習生になるにはどうしたらいいの?オーディションや練習生の現実とは

2020年1月31日
韓国の練習生についてご紹介します
韓国でアイドルとして活躍するには、練習生期間を経るのが最もポピュラーな方法。では、練習生になるにはどういったステップを踏む必要があるんでしょうか。練習生になるためのオーディション情報や、必要なスキル、知識などをご紹介します。
                       

韓国の練習生ってどうやってなれるの?

 

韓国でアイドルデビューするには、「練習生」としてスキルを磨く期間を設けられることがほとんど。

まず練習生としてレッスンを受け、経験値をためてから、満を持してデビューということになります。

では、その第1関門である練習生になるにはどうしたらいいんでしょうか?

 

練習生になる方法

 

練習生として経験を積むには、まずは事務所のオーディションに受かる必要があります。

実は、練習生になるのも一苦労なんです…!

 

まずは入りたい事務所を調べ、そこのオーディションを受けることから始まります。

 

合わせて読みたい

 

オーディションは狭き門

 

練習生になる為のオーディションも、とても狭き門。

1回で受かるようなスター性のある人もいますが、何度受けても落とされている人だってたくさんいます。

 

根気よくオーディションを受け、自分を磨き続けると言った強い信念が必要です。

 

練習生になったら

 

オーディションに合格し、見事練習生になることができたら、レッスンの日々が始まります。

事務所や養成所によってその内容は異なりますが、韓国は実力主義社会であるため、レッスンが厳しいと言われています。

 

歌やダンス、語学や音楽についての勉強など、あらゆるジャンルを学び、デビューを目指します。

 

スタイルアップも

 

練習生の時点で、スタイルアップを求められることも多いよう。

オーディションを受ける時点で完璧なスタイルである必要はありませんが、デビューまでにはしっかりとコンディションを整えるようカリキュラムが組まれているようです。

 

もちろん、オーディションの時点でスタイルが良いことはプラスになるので、適度なダイエットは始めておいた方が良いでしょう。

 

お金はかかる?

 

韓国の練習生は、お金がかかることはほとんどないそうです。

事務所がレッスンのお金を負担する分、実績が期待されるのかもしれませんね。

 

日本人も練習生になれる

 

K-POP界のグローバル化は進んでおり、日本人の練習生も増えているんだとか。

ただ、それでもなれるのは一握り。

チャンスを掴むためには、相当な努力と実力が必要です。

 

練習生になれない人は…?

 

練習生になるには、オーディションを通過しなければならないのですが、そこが1番の関門。

頑張ってもなかなか練習生オーディションに受からない人は、どうしたらいいんでしょうか…?

 

レッスンに通う

 

練習生になればレッスンは恵まれた環境で受けることができますが、それまでの間、自費でレッスンを受ける人もいます。

こういった人たちを個人練習生と呼ぶこともあり、その数はとても多いんだとか。

学校や職場に通いながらのレッスンとなると大変かもしれませんが、競争率の高い世界で勝ち抜くには、必要な努力なのかもしれません。

 

K-POPに特化したレッスンを行っているスクールも多いので、ぜひ自分に合ったところを探してみてください。

 

歌やダンスを磨く

 

レッスンに通わないとしても、歌やダンスのスキルを磨いておくことは必須です。

どんなにルックスが良くても、アイドルとして歌やダンス、ラップなどのスキルが備わっていなければ、合格することはできません。

 

まずは自分がどの部門で活躍したいのかを考え、それぞれのスキルを磨くトレーニングを生活に取り入れていきましょう。

 

覚悟を持ってオーディションへ!

 

韓国の練習生になるには、相当な覚悟が必要です。

ただ、K-POPアーティストになるという夢を追うには、最高の場を与えられることになります。

 

もし韓国の練習生になるのが怖いのであれば、まずは日本から始めることもできます

日本の事務所でK-POPアーティストを目指したい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

 

合わせて読みたい

 

夢があるのであれば、一歩踏み出さないと後悔します。

ぜひ勇気を出してみてください!