今は多国籍グループが熱い!韓国人以外も所属するK-POPグループとは?

2021年5月5日
韓国人以外も所属するK-POPグループ
毎年、いろいろな事務所から誕生するk-pop界。その中でも今最も熱いのは「多国籍グループ」です!今や韓国人だけでなく、様々な出身の外国人メンバーが活躍してきているのです。そこには日本人の姿も!? 今回は、「多国籍グループ」にどんな人がいるのか?どのような形でデビューに至ったのか?などといった気になる情報をご紹介します!
                       

多国籍のK-POPグループとは?

 

毎年、色んな事務所からアイドルグループが誕生するK-POP界。

最近の傾向として挙げられるのは、なんといっても韓国人以外の人が所属する「多国籍グループ」です!

やはり、今やK-POPの人気は韓国のみならず海外で人気を博しています。

韓国で活躍する日本人も数多くいるんですよ!

今回は、「多国籍グループ」を一挙にご紹介いたします。

 

①TWICE

 

TWICEは、J.Y.Parkさんでお馴染みのJYPエンターテインメント所属で、2015年に結成した韓国の9人組多国籍ガールズグループ。

デビュー曲「Like OHH-AHH」が4億再生され、韓国の音楽番組で出演すれば必ず1位を獲得する大人気グループです。

2017年には日本デビューもしており、紅白歌合戦には2年連続出場しています。

可愛いルックスからのキレのある息の合ったダンスは圧巻です!

また、韓国人以外のメンバーは、日本出身のモモ、サナ、ミナと台湾出身のツウィがいます。

 

合わせて読みたい

 

モモ

 

  • 本名:平井もも(ひらいもも)
  • 生年月日:1996/11/9
  • 出身地:日本(京都府)
  • 愛称:ももりん、モグリ

YouTubeにお姉さんと一緒に踊っている動画を投稿したところ、JYPの関係者の目に止まりスカウトされます。

そして、JYPの練習生として中学卒業と同時に韓国に渡りました。

 

サナ

 

  • 本名:湊崎紗夏(みなとざきさな)
  • 生年月日:1996/12/29
  • 出身地:日本(大阪府)
  • 愛称:さーたん

中学生の頃、大阪・なんばを買い物していたところをJYPの関係者にスカウトされます。

練習生になるためのオーディションに参加をし、少女時代の「Mr.Taxi」を披露したのだとか。

見事オーディションに合格!

その後、中学卒業と同時に韓国に渡りモモと共にJYPの練習生になります。

 

ミナ

 

  • 本名:名井南(みょういみな)
  • 生年月日1997/3/24
  • 出身地:日本(兵庫県)
  • 愛称:ミナリ、みーたん

元々、K-POPに興味がありダンススクールにも通っていたミナ。

高校生の頃、お母さんと一緒に大阪・梅田を買い物していたところJYPの関係者にスカウトされました。

グローバルオーディションに参加し、バレエ歴11年の特技を活かして演技に向かい見事合格!

ご両親は初めは、反対していたものの今まで「やりたいこと」を口に出すことが少なかったミナが韓国に行きたい!と強く主張したことで、高校を中退して韓国に渡りJYPの練習生になりました。

 

ツウィ

 

  • 本名:チョウ・ツウィ
  • 生年月日:1999/6/14
  • 出身地:台湾
  • 愛称:ヨーダ

2019年に「世界で最も美しい顔100人」で見事1位に輝いたツウィ。

2012年に台湾のダンス学院でJYPの関係者にスカウトされ、オーディションを受けてJYPの練習生となりました。

 

BLACKPINK

 

YGエンターテインメントに所属する女性4人組アイドルグループ、BLACKPINK。

世界各国にファンがおり、2011年にリリースした「DDU-DU DDU-DU」の公式MVがK-POP初の10億回再生を達成しています。

新曲を出せば各国のチャートで1位をとり、アルバムを出せば売上枚数で記録を作る最強ガールズグループです!

今、最もアツいアイドルグループの1組ですよね。

BLACKPINKは、韓国出身のロゼ、ジェニ、ジスとタイ出身のリサ構成されています。

 

合わせて読みたい

 

リサ

 

  • 本名:ラリサ・マノバン
  • 生年月日:1997/3/27
  • 出身:タイ
  • 愛称:ヨリサ、チョリサ

YGエンターテインメント初の外国人歌手になったリサ。

リサは2010年に行われたタイのオーディションで唯一の合格者になりました。

14歳から韓国に渡り練習生として活動しているため韓国がとても流暢なそうです。

また、幼少期にはGOT7のベンベンとともにWZC(WE ZAA COOL)というダンスクルーとして活動していたため、ダンスに定評があり今でもスタイル抜群のキレッキレのダンスを見せてくれています!

 

GOT7

 

2014年に結成された7人組ボーイズグループ、GOT7!

所属はJYPエンターテインメントで、日本では「ガッセ」の愛称でファンからは親しまれています。

2017年には、「딱 좋아 (Just Right)」の公式MVでJYP初となるボーイズグループでの再生数1億回を達成しました!

GOT7は、韓国人4人、アメリカ人1人、香港人1人とタイ人1人から構成されるグループです。

 

マーク

 

  • 本名:マーク・イエン・トゥアン
  • 生年月日:1993/9/4
  • 出身地:アメリカ(ロサンゼルス)
  • 愛称:マク

米国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の台湾系アメリカ人・マーク。

小さい頃は、ブラジルとパラグアイにも住んでいたことがあり最終的に家族でロサンゼルスに移り住んできました。

家族内では、中国語が飛び交っていたため今でも中国語を話すことができます。

マークは高校生の頃アメリカで友達と遊んでいたところをJYPの関係者にスカウトされ、友達にオーディションを進められ受けました。

そして見事合格!

当時K-POPどころかダンス、歌も技能があったわけではなかったですがアイドルとしての道を選び、高校1年生で韓国に渡ります。

その後、JYPの練習生として3年半活動し晴れてGOT7としてデビューしたのです!

 

ジャクソン

 

  • 本名:ワン・ガイ
  • 生年月日:1994/3/28
  • 出身地:香港
  • 愛称:ジェク、ジェクスン

ジャクソンは家族がスポーツ一家です。

お父さんは中国代表フェンシングチームのアジア大会金メダリストで、お母さんは中国の上海出身で体操の元世界チャンピオン選手という華々しい家族構成!

ジャクソンももちろんスポーツ万能で、10歳の頃からフェンシングを始めました。

そして、香港ジュニア代表チームに所属しアジアジュニアで金メダリストに輝いたのです。

フェンシングの選手として活躍した時、学校内に写真を飾っておりそれをJYPの関係者が見つけたとのこと。

すぐにスカウトされ、本気で歌手になりたいと思うようになったジャクソンはお父さんに報告するが、当時ロンドン五輪を目指しているところだったため本気で反対をされます。

しかし何度も説得を続け、アジアチャンピオンになったらオーディションを受けることを許可してくれるように。

その後毎日練習に勤しみ、ジュニアアジア大会で金メダルを獲得!

JYPのオーディションを受け見事合格を果たしました。

 

ベンベン

 

  • 本名:クンピムック・ブワクル
  • 生年月日:1997/5/2
  • 出身地:タイ・バンコク
  • 愛称:ベム

タイ出身でBLACKPINKのリサとも大の仲良しのベンベン。

芸能界に興味を持ったのはお母さんの影響だそうです。

お母さんは歌手のRainの大ファンで、タイでRainのカバーダンス大会が開かれることを知りました。

そこでベンベンのお兄さんに出場することを勧めます。

なぜ勧めたのかというと優勝商品が「Rainとの夕食ができる権利」だったからです!

しかし、お兄さんは本番目前にして足を怪我してしまいます。

その結果、ベンベンが代わりに出場することになり見事優勝!

その様子をみていたJYPの関係者がベンベンをスカウトし、オーディションに参加することになるのです。

のちに見事合格し、

JYPの練習生になりました。

 

SEVENTEEN

 

SEVENTEENは2015年に結成された「ボーカル」、「ヒップホップ」、「パフォーマンス」の3つのチームで構成される13人組のボーイズグループです。

所属事務所は、Pledisエンターテインメント。

13人の一死乱れぬダンスは、ファンでなくても圧巻になるはず!

自主制作アイドルがコンセプトの彼らは、キャラクターグッズの展開やラジオ、MV作製までも手掛けるスペシャリストです。

ファンの間からは略して「セブチ」と言われ、ファン層が厚いことでも有名になりました!

そんなSEVENTEENにも外国人メンバーが4人(アメリカ出身のジョシュアとバーノン、中国出身のジュン、ディエイトと)所属しています。

 

合わせて読みたい

 

ジョシュア

 

  • 本名:ホン・ジス
  • 生年月日:1995/12/30
  • 出身地:アメリカ(ロサンゼルス)
  • 愛称:ジス、シュア

両親が韓国人ですが、アメリカで暮らしていたこともあり韓国語より英語のほうが得意なジョシュア。

アメリカで暮らしていた頃は、協会に通い楽隊でギターを弾いていた少年でした。

ロサンゼルスで行われたコリアンフェスティバルで歌を披露したところ、事務所関係者がそれを発見しスカウトされました。

元々、音楽が好きだったジョシュアは単身で韓国に渡りオーディションを受け見事合格!

約2年ほどの練習生期間を経てSEVENTEENとしてデビューします。

 

バーノン

 

  • 本名:チェ・ハンソル
  • 生年月日:1998/2/18
  • 出身地:アメリカ(ニューヨーク)
  • 愛称:ボノン、ボノニ

お父さんが韓国人でお母さんがアメリカ人のハーフであるバーノン。

ニューヨーク育ちで家族での会話は英語だったためペラペラです。

5歳の頃、家族と韓国へ移住してきているため韓国語も流暢に話すことが出来ます!

当時通っていた学校前で、事務所の関係者にスカウトされたことで練習生となりました。

約4年間の練習生期間を経てSEVENTEENとしてデビューします!

 

ジュン

 

  • 本名:ムン・ジュンフィ
  • 生年月日:1996/6/10
  • 出身地:中国
  • 愛称:じゅんぴ、ジュンフィ

事務所に入る前は中国で子役としてドラマ・映画に出て芸能活動をしていたジュン。

彼は、高校生の頃友達とコンビニに行く途中、事務所の関係者に声をかけられたことがきっかけで2012年事務所の練習生になりました。

当時、周りにK-POPファンが多かったことから好奇心で韓国に渡りましたが練習生になったことでダンスや歌に熱中します。

韓国語を話せなかったジュンが今では流暢に韓国語を話していることからかなりの苦労人であると分かりますね!

 

ディエイト

 

  • 本名:ソ・ミョンホ
  • 生年月日:1997/11/7
  • 出身地:中国
  • 愛称:ディエイ、ミョンホ、ハオ

幼少期、体の弱かったディエイトは体力を増幅させるため武術を習い始めます。

その武術の先生がストリートダンスも出来たため、9歳からブレイクダンスを始めました。

2012年には上海で開かれたブレイクダンスの世界大会に出場し、ディライトの所属するチームがベスト8の功績を納めたのです。

ちなみにそのチームのキャプテンを任されていたのがディエイト!

そして中学生の頃、学校でブレイクダンスのレッスンをしているところを窓の外から事務所の関係者が見ており、ディエイトがご飯を食べるために校舎を出たところをスカウトしたといいます。

元々アイドルをやりたい気持ちがあったようで、2013年12月に練習生になりました。

 

NCT

 

2016年に結成されたSMエンターテインメント所属のボーイズグループ・NCT。

NCTの特徴はグループメンバーに制限がなく、いつでもメンバーが増える可能性のある「開放性」と「拡張性」をあわせ持つ次世代型のアイドルグループです!

そのため「NCT」とつくユニットが多数あるのが特徴的!

そんなNCTにはたくさんの外国人メンバーが所属しています。

中には日本人メンバーも!?

今回は、韓国で活躍する日本人メンバー2人をご紹介していきます。

 

ユウタ

 

  • 本名:中本悠太(なかもとゆうた)
  • 生年月日:1995/10/26
  • 出身地:日本(大阪府)
  • 愛称:ユタ、たこ焼きプリンス

事務所の先輩・東方神起が大好きなユウタ。

ユウタは2012年地元大阪で東方神起に憧れ、SMエンターテインメントのオーディションに参加します。

参加したことは親御さんには内緒にしていたようです。

オーディションには見事合格!

16歳の頃、単身で韓国に渡り、日本人初の練習生になりました。

約4年間の練習生期間を経て、晴れてNCTとしてデビューしています。

 

ショウタロウ

 

  • 本名:大崎将太郎(おおざきしょうたろう)
  • 生年月日:2000/11/25
  • 出身地:日本(神奈川県)
  • 愛称:ショウタロウ

NCTでは、ユウタに続く、2人目の日本人であるショウタロウ

5歳の頃からダンスを始め、EXILEが所属するLDH運営のダンススタジオに通っていました。

ガクトのツアーのバックダンサーも務めたことがあるらしいです!

実は、ショウタロウのデビューまでの経緯は詳しくは分かっていないんですよね。

しかし、2020年3月に韓国に渡り、その年の10月にはNCTとしてデビューしていることから、同年に行われた北海道でのSMエンターテインメントのオーディションに参加していた可能性が高いことが分かっています。

ダンスが折り紙つきと言われるほどメンバーの中でも上手いショウタロウですが、韓国語もメキメキ上達しており歌声でも魅せてくれるオールマイティーです!

 

今熱いのは多国籍グループ

 

いかがだったでしょうか?

今回はK-POP界で活躍する多国籍グループをご紹介しました。

多国籍グループの良い所は国内だけでなく、海外からのファンも獲得できる点ですよね!

今の時代、SNSが主体となっている中で海外アーティストのファンになる方は増えています。

その方々と同じ出身のメンバーがいれば親近感も湧きますし、更に応援したくなりますよね!

K-POP界で頑張る日本人に注目してみるのも楽しいかも知れませんよ。