Nizi Project(虹プロジェクト)で使われた楽曲をご紹介!【1話~最終回】

2020年7月17日
Nizi Projectで使われていた曲をまとめました!
Nizi Project(虹プロジェクト)で使われたK-POP楽曲をまとめてみました。原曲もかなりおすすめのものばかりなので、要チェックです!
                       

Nizi Projectとは

 

Nizi Project(ニジプロジェクト/虹プロジェクト)とは、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントソニーミュージックが合同で行うガールズプロジェクト。

J.Y. Parkがプロデューサーとして直接審査してオーディションが進んでいきます。

日本8都市とハワイ、LAで地方オーディションが行われ、その中から14人が韓国へ。

韓国のJYPトレーニングセンターにて6ヶ月の研修合宿を行い、最終的に2020年11月にデビューするメンバーを決定するといったサバイバルオーディションです。

 

Huluで独占配信を行っているので、見たい方はHuluの無料トライアルを試してみてください。

 

 

 

使用楽曲が話題に!

 

そんなNizi Projectでは、審査の場面でさまざまなK-POP楽曲が扱われています。

その楽曲がとても良いと、K-POPが改めて注目されているんです。

オーディション内では参加メンバーが歌唱することが多いのですが、原曲もとても良い曲ばかり。

そこで、Nizi Projectで使用された代表的な楽曲をまとめてみました!

良い曲ばかりなのでぜひチェックしてみてください。

 

Nizi Projectで使用された楽曲

 

パート1

 

Nizi Projectは2部構成。1部は日本で行われた地域予選から東京合宿までが描かれています。

ここでは地域予選での楽曲は省略し、東京合宿で使われた楽曲をご紹介させていただきます。

 

달라달라 (DALLA DALLA) / ITZY

 

東京合宿のダンスレベルテストでは多くの参加者がDALLA DALLAのダンスを披露しました。

また、グループバトルのショーケースではチームDALLA DALLA(アヤカアカリキョウカマコモエノ)が披露した曲でもあります。

力強くかっこいいダンスが特徴的です。

 

CHEER UP -Japanese ver.- / TWICE

 

CHEER UPはダンスレベルテストだけでなく、スター性テストでも3人が使用した楽曲です。

エリナの応援パフォーマンス、キョウカの料理パフォーマンス、ニナのラジオパフォーマンスで使われています。

ダンスレベルテストではミイヒがキューブを獲得した曲としても印象的です。

 

LIKEY -Japanese ver.- / TWICE

 

ユナのダンスレベルテスト、ボーカルレベルテストで使用された楽曲です。

指をLに見立てたダンスが特徴的。

サビのダンスは振りが速く難しいところもあるのですが、ユナはしっかり習得していました。

 

I’ll be back -Japanese ver.- / 2PM

 

マコがダンスレベルテストで披露した曲。

かなり力強いダンスで女性には難しいとされていましたが、見事マコはこのダンスでキューブを獲得しました。

 

One More Time / TWICE

 

アヤカリリカキョウカのボーカルレベルテストに加え、エリナリマのスター性テストにも使用されました。

全体的に可愛らしい雰囲気なのですが、ラップ部分はとてもかっこよく、2面性のある楽曲です。

 

Be My Baby (Japanese ver.) / Wonder Girls

 

ショーケースでNiziガールズ(スズヒナリオモモカメイ)が披露した楽曲。

白で衣装を統一し、トップバッターを堂々と務めていました。

 

Again & Again / 2PM

 

ショーケースでチーム5PM(アヤカアカリキョウカマコモエノ)が披露した楽曲。

リーダーであるマコが先導し、素敵なチームになっていました。

ショーケースでは最も難しい曲だとJ.Y.Parkが明言しています。

 

Bad Girl Good Girl / Miss A

 

チームmiss G(リクレイマヤフウナアヤネリマ)がショーケースで披露した楽曲。

急きょリマがラップを作詞することになり、オリジナルのラップを披露しました。

 

TT -Japanese ver.- / TWICE

 

ショーケース審査でチームTT(リリアカコミウミイヒ)が披露した楽曲。

アナがひざの痛みから脱落してしまい、4人でのパフォーマンスとなりました。

 

パート2

 

パート2は東京合宿で選ばれたメンバーで構成されたパート。

デビューに向けて韓国で6ヶ月の合宿に参加します。

このメンバーの中から実際に2020年11月にデビューするメンバーが決まる予定です。

 

숙녀 (Lady) / Yubin

 

1話の個人レベルテストでリオが披露した楽曲。

大人の魅力を見せてくれました。

 

Good-bye Baby / Miss A

 

アカリが個人レベルテストで披露した楽曲。

厳しい評価を受けてしまいましたが、アカリのその後に期待できるパフォーマンスでした。

 

Nobody (Rainstone remix) / Wonder Girls

ミイヒが個人レベルテストで披露した楽曲。

今回はRainstone remixバージョンが使用されました。

ミイヒはこの曲で即キューブを獲得し、初めての1位評価を得ました。

 

소중한 사랑 (Precious Love) / TWICE

 

アヤカが個人レベルテストで披露した楽曲。

アヤカ本来の愛嬌でJ.Y.Parkだけでなくメンバーをも和ませていました。

 

Who’s your mama? (feat. Jessi) / J.Y. Park

 

個人レベルテストでリクリリアが披露した楽曲。

リクはこの曲でかなりの評価を得ることとなりました。

 

남자 없이 잘 살아 (I don’t need a man) / Miss A

 

ユナが個人レベルテストで披露した楽曲です。

ボーイッシュな衣装がとても似合っていました。

 

Touch / Miss A

 

マヤが個人レベルテストで披露した楽曲。

マヤの演技力がここでも評価されることとなりました。

 

Like This / Wonder Girls

 

マユカが個人レベルテストで披露した楽曲。

あまり良いコメントをもらえなかったものの、キューブを獲得することができました。

 

BDZ (Korean ver.) / TWICE

 

個人レベルテストでモモカが披露した楽曲。

態度評価との兼ね合いで順位は12位となってしまいました。

 

Honey / J.Y. Park

 

リマが個人レベルテストで披露した楽曲。

元気な楽曲でリマの新しい一面を見ることができました。

 

24간이 모자라 (24 hours) / ソンミ

 

個人レベルテストでマコが披露した楽曲。

1位評価者というプレッシャーの中、最高のパフォーマンスを披露していました。

 

Dance The Night Away -Japanese ver.- / TWICE

 

ここからはチームミッションの楽曲紹介になります。

チームSeaside Fairies(ニナマユカリリアアカリ)が披露した楽曲。

全員が高い評価を得ることができました。

 

너무너무너무 (Very Very Very) / I.O.I

 

チームSun Rise(ミイヒリマアヤカ)がチームミッションで披露した楽曲。

“ノムノムノム”や”チャクチャクチャク”といったフレーズが印象的です。

 

Heart Shaker -Japanese ver.- / TWICE

 

チームミッションでチームHeart Maker(リクユナモモカ)が披露した楽曲。

リクは高い評価を得ていましたが、チームとしてはあまりふるいませんでした。

 

Swing Baby / J.Y. Park

 

チームミッションでチームMr.お姉さん(マコマヤリオ)が披露した楽曲。

高い完成度のパフォーマンスがJ.Y.Parkの心を射止めていました。

 

Feel Special / TWICE

 

チームバトルでチームIRIS(マヤミイヒアカリユナ)が披露した楽曲。

ユナがスランプを抜け出し、褒められたシーンが視聴者の涙を誘いました。

 

Heartbeat / 2PM

 

チームバトルでチーム2K5(アヤカリクマユカモモカマコ)が披露した楽曲。

力強く大人な雰囲気で魅了してくれました。

 

ICY / ITZY

 

チームバトルでチームWe bling(リオリリアニナリマ)が披露した楽曲。

ITZYらしい独特な雰囲気を、見事4人で表現していました。

 

Baby I’m a star / NiziU

 

韓国合宿の最終審査参加者12人全員で披露したのがこの曲。

作詞作曲をJ.Y.Parkさんが手がけています。

審査対象には含まれていないようでしたが、全員でのパフォーマンスは圧巻でした。

 

虹の向こうへ / NiziU

 

チームマコ(マコリオアヤカリリアユナアカリ)が最終審査で披露した楽曲。

ユナのラップパートから始まる、明るくて力強いパフォーマンスでした。

 

Boom Boom Boom / NiziU

 

チームマヤ(マヤ、ミイヒ、ニナ、リク、マユカ、リマ)が最終審査で披露した楽曲。

ガールズクラッシュな曲で、それぞれのイメージを大きく変えてくれました。

 

Make you happy / NiziU

 

NiziUとしてデビューする楽曲として、J.Y.Parkさんが作詞作曲を担当した楽曲。

最終審査では両チームが披露してくれました。

このプロジェクトを通して成長した姿を全員が見せてくれた、最高のパフォーマンスを見ることができます。

 

HuluでNizi Projectを視聴する

 

冒頭でもご説明しましたが、Nizi ProjectはHuluで配信しています。

Huluは2週間の無料お試し期間を設けているので、ぜひこの機会に登録してみてください。

Nizi Projectのメンバーが頑張っている姿を見ることが出来ますよ!

 

 

合わせて読みたい