BTSの弟分【TOMORROW X TOGETHER】の練習生期間は?

2021年2月24日
【TOMORROW X TOGETHER】の練習生期間
今、大注目のK-POPアイドル「TOMORROW X TOGETHER」(略して「TXT」)。防弾少年団(BTS)の弟分で、メンバー全員がビジュアルメンバーといわれています。今回は、TXTのそれぞれのメンバーの練習生期間をご紹介します!
                       

BTSの弟分【TOMORROW X TOGETHER】

 

今、大注目のK-POPアイドルといえば、「TOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥギャザー)」、略して、ティーバイティー(TXT)。

世界的人気アーティストとなっている防弾少年団(BTS)の弟分で、Big Hit Entertainmentに所属している5人組ボーイズグループです。

5人全員スタイル抜群でイケメンばかりと、ビジュアルでも大注目ですが、ダンスや歌のスキルも非常に高いグループなんですよ。

「TOMORROW X TOGETHER」というグループ名の由来は、「お互いに異なる自分と相手が1つの夢のために集まり、一緒に明日を築き上げていく」という意味。

「TOMORROW X TOGETHER」も、長い練習生期間を経て、共に夢に向かって歩んできました。

努力の結果、今の素晴らしいパフォーマンスがあるんですよね。

 

合わせて読みたい

 

TOMORROW X TOGETHERメンバーの練習生期間

 

TOMORROW X TOGETHERの練習生期間はどのくらいの長さだったんでしょうか。

 

スビン

 

◆練習生期間

・約3年間(2016年~)

・リーダー、ボーカル

 

入社のきっかけ

 

スビンはメンバーの中で唯一、オーディションでBig Hit Entertainmentに入社しました。

元々防弾少年団(BTS)のファンで、アイドルになりたくて自ら履歴書を送ったんだそう。

この時、履歴書に書かれていた電話番号が間違っていたそうなんですが、Big Hit Entertainmentの社員の方がやっとの思いで探し出してスビンに連絡を取ったそうです。

履歴書の時点から、スビンには光るものがあったんでしょうね。

そんなこんなで参加することができたオーディションですが、オーディションの際、スビンはあまりの緊張でマイクを持つ手が震え、歌詞も間違えてしまったそうです。

絶対に落ちたと思ったスビンは、アイスを5個買って家に帰ったんですって。

可愛らしいエピソードですよね。

 

グループのリーダー

 

スビンは最年長メンバーではないものの、「TOMORROW X TOGETHER」のリーダーをしています。

その理由は、グループ内で中間の年齢で、年上とも年下とも仲良く話すことができるからだと言われています。

穏やかな性格なんでしょうね。

 

ヨンジュン

 

◆練習生期間

・約4年間(2015年~)

・メインダンサー、ラップ

 

入社のきっかけ

 

元々、別の事務所の練習生をしていましたが、Big Hit Entertainmentにスカウトされ、移籍してBig Hit Entertainmentの練習生となりました。

別の事務所とは、「CUBEエンターテインメント」と言われています。

 

練習生時代のエピソード

 

ヨンジュンは練習生の頃、月末評価でダンス、ボーカル、ラップの全ての部門で1位になったことがあります。

このことから、Big Hit Entertainmentの「伝説の練習生」という異名を持っているんですよ。

ヨンジュンがオールラウンダーであることがよくわかるエピソードです。

練習生期間が4年とメンバー内では最長ですが、その分、しっかりとスキルを磨いてきたんですね。

ちなみにヨンジュンはデビュー前に、ラーメンのCMに出演したことがあります。

 

テヒョン

 

◆練習生期間

・約3年間(2016年~)

・リードボーカル

 

入社のきっかけ

 

テヒョンは端正な顔立ちだからか、高校時代に約20社からスカウトされたそうです。

Big Hit Entertainmentに入社したきっかけも、スカウトなんだとか。

下校中のテヒョンの友人からテヒョンの連絡先と聞き出したBig Hit Entertainmentの社員の方が、テヒョンにメッセージを送ったんだそうです。

このスカウトをきっかけに、Big Hit Entertainmentのオーディションを受け練習生となりました。

ちなみに、テヒョンは子役をしていて、子どもの頃からモデルをしたりテレビにも出演していたそう。

テヒョンはTOMORROW X TOGETHERの中で唯一、デビュー前から芸能活動をしていたメンバーなんです。

 

テヒョンが得意なもの

 

テヒョンは英語が得意です。

子役時代に子ども向けの英語の教育番組に出演したこともあり、英会話を学んでいるそうです。

Big Hit Entertainmentの大先輩である防弾少年団(BTS)は世界で活躍していますし、今後、TOMORROW X TOGETHERも世界で活躍していく中で、英語力はとても大きな武器になりますね。

 

ボムギュ

 

◆練習生期間

・約2年間(2017年~)

・ボーカル、ダンス

 

入社のきっかけ

 

ボムギュは自他ともに認めるビジュアル担当ですが、中学生時代からそのイケメンっぷりは有名だったようで、さまざまな芸能事務所からのスカウトが絶えなかったようです。

スカウトの列ができていた、というエピソードもあるんですよ。

そんなボムギュがBig Hit Entertainmentからスカウトされたのは2015年。

ボムギュの地元である大邱でスカウトされ、ソウルで行われるオーディションの案内をされたものの、試験期間中だったため、行くことを泣く泣く諦めたんだそう。

しかしBig Hit Entertainment社員の方はそこで諦めず、なんとボムギュのためにオーディションを開催したのです!

絶対に逃してはいけない人材、ということだったんでしょうね。

 

練習生時代のエピソード

 

ボムギュは入社のきっかけも特殊で、練習生期間も約2年間とメンバー内でも最短ですが、練習生時代は決して順調なことばかりではなかったよう。

その完璧なビジュアルからか、入社後すぐにデビュー組に入りましたが、ボムギュはダンスや歌を学んだことがなかったため、それまで長い期間練習生生活を送ってきた他のメンバーとの実力差が大きかったのです。

そのため、ボムギュは1日8時間のレッスンを行い、深夜まで練習が続くこともあったといいます。

デビューに向けて、高校への入学も1年遅らせたんですって。

 

ヒュニンカイ

 

◆練習生期間

・約2年6か月(2016年~)

・メインボーカル

 

入社のきっかけ

 

ヒュニンカイもスカウトをきっかけにBig Hit Entertainmentに入社しました。

ヒュニンカイはBig Hit Entertainment入社前に他の事務所のオーディションを受けていて、その時は不合格だったのですが、そのオーディションに関わっていたスタッフがBig Hit Entertainmentに転職し、今度はBig Hit Entertainmentのオーディションを受けないか、と声をかけたのです。

人生、何が起こるかわからないことを実感するエピソードですよね。

ちなみに、ヒュニンカイはお父さんがブラジル出身の欧州系アメリカ人、お母さんが韓国人のハーフで、Big Hit Entertainmentでは初の外国籍(アメリカ国籍)メンバー

お父さんが音楽家で中国で活動していたこともあり、子どもの頃から音楽や楽器に触れる機会が多く、自らも歌手を目指すようになったんですって。

 

練習生時代のエピソード

 

ヒュニンカイは月末評価で1位を取ったことがあるそうです。

練習生時代からかなりの実力があったのですね。

練習生時代は泣き虫だったため、メンバーのスビンでよく抱きしめられていたんですって。

ヒュニンカイは中国で生活していた期間が長かったため、韓国語と韓国文化になかなか慣れなかったため、他のメンバーが優しくサポートしていたそうです。

ちなみにヒュニンカイは、練習生時代からデビューを経て1番変わったのは身長、と語っています。

入社当初は身長160cm台だったのが、今では180cmを越え、まだまだ成長中とのこと。

身長もアイドルとしても、どんどん成長しているヒュニンカイです。

 

合わせて読みたい

 

みんな昔は練習生!

 

ビジュアルメンバーばかり、完璧なパフォーマンスで人気のTOMORROW X TOGETHERですが、もちろん彼らも長い練習生期間を経て、今があります。

K-POPアイドルを目指す皆さんも、日々のレッスンやオーディションなど、これから夢に向かう過程が長く感じてしまっているかもしれません。

しかし、今、輝いているアイドル達も長い練習生期間を頑張ってきたと思えば勇気が出ませんか?

まずはオーディションに合格し、練習生としてのスタートラインに立てるように、スキルアップに励みましょう!

 

合わせて読みたい