ここは必須!絶対に行くべき韓国の観光地を紹介します♪

2020年6月25日
絶対に行くべき韓国の観光地
ファッションからローカルフードまで全てのトレンドがつまった韓国。これまでに韓国初のトレンドがいくつも日本でブームになっていますよね。今回は、そんな魅力が詰まった韓国の絶対に行くべき観光地を紹介していきたいと思います。
                       

いまだに日本は韓国ブーム

 

日本ではこれまでに、韓国初のトレンドがいくつもブームになっています。

それだけ、韓国が日本にもたらす影響は強いということがわかりますよね。

また、韓国へは飛行機で2時間半くらいの距離なので、気軽に海外旅行ができることでも有名です。

今回は、そんな韓国で絶対に行くべき観光地をご紹介していきたいと思います。

 

明洞(ミョンドン)

 

明洞は、韓国の原宿といわれているくらいトレンドがたくさんある街。

コスメ、ファッション、ローカルフードまで揃うので、韓国に行く際に明洞は外せません。

他にもスーパーマーケットやデパートもあるので、お土産を買うのにもぴったりなんです!

また、日本語を話せるスタッフも多いので、韓国語が話せなくても安心して買い物を楽しむことができます。

韓国でどこに行くか迷ったときは、ぜひ明洞に行くのがおすすめですよ。

 

Yeonnam_o(ヨンナム ドングラミ)

 

Yeonnam_oは、弘大にある大人気のカフェ。

可愛らしいカップケーキなど、SNS映えする美味しそうなスイーツがたくさんあります。

日本でも、韓国発祥のセンイルケーキがトレンドになっているくらい、韓国スイーツは注目されているんです。

そして店内はパステルカラーで統一されており、見ているだけでわくわくします。

女性の方はもちろんですが、カップルなど性別を問わずおすすめしたいお店になっています。

 

住所:ソウル特別市 麻浦区 ソンミ山路 32キル10

営業時間:12:00~19:00

定休日:不定休

 

甘川洞文化村

 

甘川洞文化村はカラフルな建物が集まっているエリアで、韓国のマチュピチュとも呼ばれています。

町おこしをきっかけに、このようなカラフルな村になったそうです。

カラフルで入り組んだ街並みは、まるで映画の世界に入り込んだような非日常的な景色。

建物の他にも芸術的なオブジェが村の中にあり、歩いているだけでたくさんの芸術と出会うことができるんです。

さらにここでは、スタンプラリーに参加しスタンプを全て集めると、ここでしか手に入らないオリジナルポストカードがゲットできます。

楽しく観光しながら思い出に残るものがもらえるなんて素敵ですよね。

 

住所:釜山市沙下区甘川洞10-13

営業時間:9:00〜18:00

定休日:なし

 

ロッテワールド

 

ロッテワールドは韓国を代表するテーマパークで、テレビドラマの撮影にも使われるほど話題の場所。

室内型、屋内型の2つのエリアに分かれているため、天候を気にせず楽しむことができるのも魅力です。

子どもから大人まで世代を問わず利用できるアトラクションやパレード、さらにアクアリウムや動物園まで併設されています。

効率的にパークを回りたいという方は、特定のアトラクションの待ち時間を短縮して利用できるマジックパスがおすすめです。

これは東京ディズニーランドでいうファストパスのようなもの。

入場券を購入すると、3回まで無料で使えるマジックパスがついてくるので、ロッテワールドに訪れた際はぜひ利用してみてくださいね。

 

住所:ソウル特別市 松坡区 蚕室洞 40-1

営業時間:10:00~21:00(※最終入場は19:00まで)

定休日:なし

 

コモングラウンド

 

コモングラウンドは韓国初のコンテナショッピングモール。

なんと約200個のコンテナで作られており、鮮やかな青色のコンテナはSNS映えもばっちりです。

メンズやレディースファッションからアクセサリーなどの小物類まで、幅広く取り扱っています。

館内には韓国でしか食べることができない有名飲食店もありますよ。

ぜひ韓国の最新ファッションを肌で感じてみてください。

 

住所:ソウル特別市 広津区 紫陽洞 17-1

営業時間:11:00〜22:00(※店舗によって異なります)

定休日:なし

 

合わせて読みたい

 

Nソウルタワー

 

韓国ドラマのロケ地としても使われたNソウルタワー。

展望台は360度パノラマなので、韓街を一望することができます。

他にも、永遠の愛を誓ったカップルたちがハートの南京錠をかける、愛の南京錠もNソウルタワーの名物の1つです。

南京錠を購入しなくても、友人や家族とハートの南京錠を見て楽しむこともできますよ。

さらに建物内には、飲食店やお土産屋さんなどもあります。

Nソウルタワーならではのグッズもぜひ手に入れてみてください。

 

住所:ソウル特別市龍山区南山公園路龍山洞2街 1-3

展望台営業時間:月~金曜日 12:00~22:00

土日・祝日 11:00~22:00(※この場合は韓国の祝日を指します)

最終入場は21:30です。

定休日:なし

 

サムスン美術館

 

サムスン美術館はサムスングループが経営する美術館で、シックなデザインがフォトスポットとしても人気を博しています。

展示品はもちろんですが、外観の建築技術が高くユニークなデザインが特徴的なんです!

館内には様々な展示品がありますが、中でもこの美術館の魅力は、韓国の伝統的な作品から近代美術まで幅広く取り扱っている点。

そして美術館を見学したあとは、館内にあるLeeum Shopというお店でお土産を買うこともできます。

ユニークなデザインの商品がたくさんあり、見ているだけでも楽しいので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

住所:ソウル特別市 竜山区イテウォンロ55ギル

営業時間:10:30〜18:30(※最終入場の受付は17:30まで)

定休日:月曜日(1/1、旧正月・秋夕の連休)

 

景福宮

 

景福宮は韓国を代表する王宮の1つで、なんと600年以上の歴史がある場所なんです。

韓国ならではの色鮮やかな衣装を着た守門将交代式を見たり、正装である韓服を着たりすることもできます。

韓服を着て王宮を歩くことができるなんて、昔の韓国にタイムスリップしたみたいで素敵ですよね。

また韓服を着て来場した場合は、入場料が無料になる嬉しい特典も!

旅費を抑えたいけど観光地は妥協したくないというときにぴったりです。

日本ではなかなか見ることができないので、ぜひ現地で韓国の文化を感じてみてくださいね。

 

住所:ソウル特別市 鍾路区 世宗路 1-1, 景福宮

営業時間:11~2月 9:00~17:00

3~5月、9~10月 9:00~18:30

6~8月 9:00~18:30(※最終入場は閉館1時間前まで)

定休日:火曜日(※定休日が祝日と重なった場合は営業する可能性も)

 

気軽に韓国へ旅行しよう

 

最新スポットから歴史を感じることができるスポットまで、韓国には様々な観光地があります。

日本よりも物価が安いので、お得にお買い物したり観光したりできるのも魅力の一つ。

まだ行ったことがない方も行ったことがある方も、ぜひ参考にして韓国を満喫してみてくださいね。

 

合わせて読みたい