韓国アイドルは何歳まで目指せる?〇歳がオーディションのボーダーかも…

2020年2月10日
K-POPアイドルのオーディションって何歳まで受けられるの?
韓国アイドルは、何歳まで目指すことができるんでしょうか。オーディションを受ける際の年齢制限や、受かりやすい年齢についてご紹介します。また、実は年齢が高くてもオーディションを受ける方法があるので、併せてそちらもチェックしてみてください。
                       

実際、若い方が有利?

 

韓国でK-POPアイドルとして活躍するには、年齢が関係あるんでしょうか。

結論は、「関係あり」。

韓国アイドルのオーディションには、年齢制限が設けられていることが多いんです。

また、制限が設けられていないオーディションでも、若い方が有利ということもあります。

 

20歳までがボーダー?

 

韓国事務所のオーデイションを見てみましたが、応募年齢が20歳までとされているオーディションが多く見受けられました。

アイドルとなると、やはり若い方が有利なようですね。

 

実は、韓国アイドルと年齢のこのような関係性には、ある理由があったんです。

 

研修生制度が影響

 

韓国の事務所では、アイドルになる前に研修生としての期間が設けられることがほとんど。

研修生期間は平均で3年といわれているので、オーディションの合格は早い方がいいとされているんです。

 

たしかに、20歳で合格したら、デビューは3年後の23歳。

アイドルとしてこれから育てていくとなると、ギリギリの年齢なんでしょうか…。

 

実力が求められる

 

年齢が高くなればなるほど、それに見合った実力が求められるという現実も。

デビューが遅くなる分、即戦力であることが求められるので、求められる実力もかなりハードルが上がってくるんです。

 

かなり才能に優れた方であれば、年齢は気にしなくてもいいのかもしれませんが、やはり若さは大きな武器になるようです…。

 

20歳以上でも受けられるオーディションが

 

しかし、20代だからといって年齢だけで諦める必要はありません。

実は、20代でもK-POPアイドルという夢を追いかけられる方法があるんです!

 

日本の事務所で活動する

 

それは、日本の事務所でK-POPアイドルとして活躍するということ。

韓国アイドルになるには、韓国の事務所に所属するほかに、日本の事務所に所属して韓国デビューを目指す方法もあるんです。

 

中でも有名なのがアイ&グレースというK-POP育成オーディション。

韓国人プロデューサー・トレーナーのもと、日韓で活躍するK-POPアイドルを目指して活動することができるんです。

 

SKY GIRLS’に続け!オーディション開催中

アイ&グレースオーディション情報詳細

 

アイ&グレースでは、SKY GIRLS’に続くK-POPアーティストを募集するオーディションが開催されています。

 

SKY GIRLS’とは

日本人のみで結成された、日本初のK-POPアーティスト。国内で活動後、2019年11月、ワーナーミュージックコリアからメジャーデビューを果たしました。

 

日本を拠点として活躍しながら、韓国アイドルを目指せるという大きなチャンスをつかむことができるオーディションなんです。

気になるのは年齢制限ですが、11歳~25歳の健康な男女とされています。

つまり、20歳を超えていても挑戦することができるんです!

 

オーディション詳細

 

オーディションの流れは以下の通りです。

 

まずは応募フォームにてエントリー

担当者から連絡、オーディション日程の確認

オーディション(自己PR・歌唱・ダンス)

合格者のみ面接

プロジェクト開始

 

まずは公式ページから応募フォームに必要事項を入力し、オーディション詳細を確認することが必要です。

 

合格後の流れ

 

アイ&グレースのオーディションに合格すると、このような流れでプロジェクトが進んでいきます。

K-POPダンス・歌唱・韓国語をマスター

国内K-POP専門ホールでステージデビュー

国内K-POP CDデビュー

韓国でK-POPデビュー

 

また、この他にも合格特典がたっぷり!

 

・韓国の音楽関係者による講義

・K-POPイベントのサポート活動参加

・K-POP練習生とのコラボ(予定)

・日本で活躍するK-POP歌手との共演

・韓国芸能事務所のオーディション紹介&推薦

・韓国作曲家のオリジナル曲で作詞・レコーディング

・日韓で活躍中の現役プロデューサーによるプロデュース

・韓国K-POPトレーニング教育システム(GKC)参加

 

待遇が手厚い分、倍率は上がるかもしれませんが、受けてみない手はありません。

 

早めに受けるのが鉄則!

 

20代でも受けられるとはいえ、時間はどんどん過ぎていきます。

年齢が早い合格であればあるほど有利ではあるので、思い立ったらすぐ行動することが大切です。

 

まずは一歩動いてみること。この一歩が、あなたの夢に直結するかもしれませんよ…!