オーディションで緊張しないためには?ベストを尽くすための方法を紹介

2020年10月16日
オーディションで緊張しないためには
K-POPアイドルを目指す人なら多くの人が通る道であるオーディション。そんなオーディションで緊張しないためにはどうしたらいいの!?ベストを尽くすための方法をご紹介します。
                       

オーディションは多くの人が通る道

 

K-POPアイドルを目指す皆さんが切っても切り離せないものといえば、オーディションですよね。

晴れて書類選考に通過した後に待っているオーディション。

とても大事な場面ですが、だからこそこれからの人生を左右すると思うと緊張が高まるものです。

しかし、緊張し過ぎると本来の実力を出せなくなる心配が…。

そこで、これまでの練習の成果を発揮するため、オーディションで緊張しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

ベストを尽くすための方法をご紹介します。

 

緊張のメカニズムを知る!

 

「全く緊張しない」という人はほとんどいないと思ってよいでしょう。

しかし、緊張に負けず本番で結果を残せる人は、緊張すらコントロールする術を持っているのです。

それは、自分なりの緊張しない方法を見つけること。

そのために、緊張のメカニズムについて知っておくことが必要です。

 

合わせて読みたい

 

緊張しないメカニズムを知っておく

 

ここからは、オーディションで緊張しないためのメカニズムをご紹介します。

 

緊張は防衛本能

 

オーディションで皆さんが頭に浮かぶのは「上手に歌いたい」「上手に踊りたい」などといったことが多いと思います。

「失敗したくない」という感情が高まるれば高まるほど、不安や恐れが出て脳や体が硬直してしまうんです。

そして、認知能力や判断能力が低下します。

つまり緊張すると、自分を守るために脳や体が硬くなるというわけなんです。

これが、緊張は“防衛本能”だという理由といわれています。

 

緊張を味方にする

 

戦闘状態に入る準備をしている人間の体は、ノルアドレナリン(神経伝達物質)が分泌され、交感神経を刺激します。

この刺激により、心拍数が上がり血流をよくし、体を温めて一時的に身体能力を高めるのです。

ということは、“緊張する”ということは決して悪いことではないということ。

適度な緊張は、集中力アップなどの効果も期待できます。

しかし緊張し過ぎるのは問題。

緊張し過ぎると体が硬直するので、思ったように動けなくなります。

では、どうすれば緊張し過ぎないようにできるのでしょうか。

それは、自分がどんな時に緊張するのかしないのか、ということを把握することです。

その中で、自分流の緊張との付き合い方が見えてくるはず。

 

緊張に勝つには準備をしっかりと

 

何事も練習することはとても大事。

よく「努力は裏切らない」と言いますが、準備しておくことの心理的な効果は絶大なんです。

 

練習することのメンタルへの効果とは

 

練習をしっかり頑張ることでもちろんスキルが向上されますが、メンタルへの大きな効果が期待できます。

あんなに練習したのだから上手くいくはずだ」「この程度は想定の範囲内」などと思うことができるため、冷静に振る舞うことができるのです。

 

練習不足ならどうなる?

 

練習不足の場合、「まだまだ練習が足りていないけれど、ちゃんとできるのだろうか…」という不安な気持ちが起こりやすくなります。

この感情が、緊張感を引き起こしてしまう原因になっていくんです。

 

いつでも本番!の気持ちで

 

日頃から、練習中であっても本番を意識することが大切。

オーディションと同じ時間配分で練習するのも良いでしょう。

挨拶から退出まで、オーディション本番を意識しながら行うことがポイントです。

日頃から本番を意識しておくことで、いざ本番になった時、日頃のイメージトレーニングが効果を発揮してくれるはず。

 

合わせて読みたい

 

適度な緊張は逆に良い効果をもたらす!?

 

これまで緊張に勝つ方法を述べてきましたが、緊張は何もかも悪いことばかりではないのです。

体が硬直してしまうような緊張はもちろん避けたいですが、良い効果ももたらします。

実は「適度な“緊張感”は“緊張”を消すことができる」のです。

一体どういうことなのでしょうか。

 

「緊張」と「緊張感」

 

「緊張」と「緊張感」は似て非なるもの。

「緊張」は周囲からの影響によるもの、「緊張感」は自らが生み出すもの、といえばわかりやすいでしょうか。

つまり、「緊張感」は自分でコントロールできるのです。

 

「緊張感」をコントロールする方法

 

「緊張感」をコントロールするために有効なのは、「少し難しいことに挑戦」することです。

ここで大切なのは、“少し”というところ。

“少し”であれば、どうすれば自分がそこに届くのか具体的に想像しやすいからです。

具体的であればあるほど、集中しやすいというメリットもあります。

しかし、“少し”でなくとても難しい目標にチャレンジするとなると、恐れや不安という感情が先行するため、緊張につながってしまうんです。

他人の評価など、自分自身がコントロールできないことを目標にすることも逆効果になります。

「少し難しいことに挑戦する」とは、自分でコントロールできることで、少し手を伸ばせば叶いそうなこと、ということがポイント。

少し難しいことに挑戦することを繰り返していると、成功体験を積み重ねることができ、それが自信につながり自分をコントロールすることになる。

こういった良いループになっていきますよ。

負荷がかかることにも慣れてきますので、「緊張」を操れることになるのです。

 

自分なりのルーティーンを見つけよう!

 

ラグビーの五郎丸選手や野球のイチロー選手のように、自分なりのルーティーンを見つけることは緊張に打ち勝つために有効な手段といえるでしょう。

人は、失敗するかもしれないという不安を感じると緊張する習性があるそう。

そのため、本番でも練習の時と同じだ、と自分自身を錯覚させれば、緊張を抑えることができるんです。

そのために必要なのがルーティーン。

ルーティーンは複雑なことでなくてもOK。

日頃からルーティーンを決めておき、それを毎日繰り返し、本番でも同じように行いましょう。

そうすると普段通りに振る舞うことができますよ。

 

緊張すらも楽しむ

 

ここまでいろいろな緊張に打ち勝つ方法をご紹介してきましたが、すべて実践した上でとにかく言えることは「緊張するこの場面すら楽しんでやろう!」という気持ちです。

オーディションという人生において大切な場で、緊張するのは当たり前のこと。

しかし考えてみてください。

あなたはなぜオーディションの場にいるのですか?

その前には書類選考など、通過してきたものがあったはず。

そして、この場は誰しもに開かれているものではないのです。

なかなか経験できない場にいる、そう思うとワクワクしませんか?

緊張感すら楽しめるようになると、脳にも良い刺激となって伝わるんですよ。

楽しむこと、ポジティブ思考でいること、これが一番オーディションで緊張しないために必要なことなのかもしれません。

 

緊張とうまく付き合おう!

 

オーディションで緊張しない方法について紹介しました。

オーディションは、K-POPアイドルを目指す皆さんにとって非常に大切な場です。

だからこそとても緊張してしまうものですが、今まで頑張ってきた自分の実力を発揮したいですよね?

そのためには、緊張とうまく付き合うことが大切。

緊張感をコントロールし、オーディションを勝ち取りましょう!

 

合わせて読みたい